【ケアマネージャーの選び方】どう付き合う?途中で変更はできるの?

数多くある居宅介護支援事業所からケアマネジャーをどのような基準で選んだらよいのでしょうか。

ケアマネジャー次第で要介護者の生活は変わります。

そのため、信頼できるケアマネジャーを選ぶことが大切です。

失敗しないケアマネジャーの選び方や付き合い方、変更方法など詳しく解説します。

介護保険を利用したい…ケアマネジャーの探し方とは?

介護保険を利用したいときは、要介護認定の申請と並行してケアプラン作成を依頼するケアマネジャーを探しましょう。

ケアマネージャーの探し方は、各市町村が作成する居宅介護支援事業所のリストから探すのが一般的です。

その他にも状況に応じて、さまざまな探し方があります。

市役所や地域包括支援センターに紹介してもらう

市役所の介護保険課や地域包括支援センターにケアマネジャーを探していることを相談すると、居宅介護支援事業所のリストを渡してくれます。

地域包括支援センターに相談すれば、先に居宅介護支援事業所に連絡をして紹介してくれる場合もある。

かかりつけ医に相談する

介護保険の意見書を依頼するかかりつけ医に相談して、医療との連携が得意なケアマネジャーを教えてもらうのもひとつの方法です。

身体状況に不安を感じる要介護者の場合は、医学知識が豊富なケアマネジャーを選んだ方が安心です。

在宅介護に理解のあるかかりつけ医であれば相談してみましょう。

病院の地域連携室に紹介してもらう

退院後に介護保険サービスを導入する場合は、病院の地域連携室のソーシャルワーカーに紹介してもらう方法もあります。

退院調整を担う職種を総合病院ではメディカルソーシャルワーカー(MSW)、精神科の病院では精神保健福祉士(PSW)と呼びます。

ソーシャルワーカーが身体状況や精神状況に合わせて、それぞれの分野が得意なケアマネジャーに連絡をしてくれる場合もあります。

ケアマネジャーの選び方とチェックリスト

要支援認定の場合、ケアマネージャーは自動的に地域包括センターになりますが、要介護認定の場合、ケアマネージャーを利用者自身で居宅介護支援事業者から選ぶことができます。

自由に選ぶことができる分、利用者にあったケアマネージャーを見極める目を持つことが大切です。

ケアマネジャーの選び方のポイントやチェックリストを紹介します。

ケアマネジャーの選び方のポイントは事業所や人柄

ケアマネジャーの選び方のポイントは、大きく2つに分かれます。

事業所の基本情報

まずは、ケアマネジャーが所属する居宅介護支援事業所の基本情報を確認しましょう。

確認事項は次の通りです。

【1.運営形態(併設型、独立型など)】
居宅介護支援事業所は、併設型と独立型に分かれます。

併設型は、デイサービスや老人ホームなどに事業所が併設されていて、居宅介護支援サービス以外のサービスも提供しています。

居宅介護支援事業所の約9割が併設型なので、併設されているサービスの内容を確認しましょう。

併設先の施設のサービス内容は、訪問介護や通所介護がメインです。

併設先のサービス提供者とケアマネジャーの情報共有がスムーズなため、質のよいサービスの提供につながります。

一方で独立型は、居宅介護支援サービスのみをおこなっている事業所です。

独立型の居宅介護支援事業所は、併設先のサービスにとらわれず、比較的自由なケアプランの作成が可能です。
参考:厚生労働省「居宅介護支援・介護予防支援の基準・報酬について」

【2.基本理念】
居宅介護支援事業所には、基本理念があります。

基本理念を確認すれば「何を大切にして支援をおこなっているのか」がわかります。

例えば「人と人との触れ合いを尊重する」や「その人の存在価値を大切にして生活の継続を支援する」などの理念であれば、コミュニケーションを大切にして支援をおこなうことに力を入れていることがわかります。

「説明を丁寧に、明快な介護を提供する」などの理念であれば、あいまいなケアの提供ではなく、きちんと説明をして開かれた介護の提供に力を入れていることがわかります。

要介護者と家族によって価値観が異なるので、共感できる基本理念をもつ居宅介護支援事業所を探しましょう。

【3.スタッフの職種(ケアマネジャー以外の保有資格)】
ケアマネジャーの資格を取得するためには、特定の法定資格や生活相談員や支援相談員などの相談援助業務従事者の経験が必要です。

居宅介護支援事業所を選ぶときは、ケアマネジャーの保有資格を確認しましょう。

例えば、保有資格が看護師であれば医学知識が豊富です。

がんやパーキンソン病など今後の健康に不安を抱える場合には、看護師の資格を持つケアマネジャーだと安心して相談できます。

理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門職であれば、リハビリが必要な場合にどのような支援が望ましいかアドバイスを受けられます。

人柄と能力

専門性の高いケアマネジメントを受けるためには、ケアマネジャーの能力を把握しておく必要があります。

ケアマネジャーを選ぶときは、人柄や能力を確認しましょう。

確認のポイントは次の通りです。

【1.得意分野がある】
保有資格と合わせて、保健・医療・福祉のどの分野が得意なのか確認をしましょう。

ケアマネジャーにとって介護サービスの専門的かつ豊富な知識は、最低限必要なことです。

その他の得意分野からケアマネジャーを選ぶと、要介護者の状態にあった適切なケアマネジメントを受けることができます。

得意分野とは次のような例です。

  • 高齢者の虐待を扱う事例に強い
  • 医学的な知識で今後の見通しを立てながらケアマネジメントができる
  • 自立へ向けたサービスの選択が的確にできる
  • 認知症に対する専門的な支援が充実している

ホームページや資料から確認できなければ、面談時に「得意分野はありますか?」と聞いてみましょう。

【2.アイデアが豊富である】
ケアマネジャーがもつアイデアの引き出しが多ければ多いほど、要介護者に最適なサービスを提供できます。

公的な介護保険サービスを組み合わせるだけのケアプランではなく、地域の社会資源なども活用したケアプランを作成するケアマネジャーであれば安心です。

さまざまなアイデアをもっていて、要介護者と家族の困りごとを根本から解決しようとする姿勢の有無を確認しましょう。

要望だけをケアプランに反映するのではなく、本当に必要なサービスを組み込むケアマネジャーであれば、安心して任せられます。

【3.インフォームド・コンセントが徹底している】
説明と同意のプロセスを「インフォームド・コンセント」といいます。

介護保険サービスは、制度がとても複雑で、介護保険法の改正によって従来のサービスが利用できなくなる場合もあります。

複雑な制度やサービス内容を納得するまで説明してくれるケアマネジャーを選びましょう。

要介護者と家族が納得した上で同意できるように、細かい説明を怠らないかどうかを確認しましょう。

インフォームド・コンセントの徹底を見極めるポイントは次の通りです。

  • 話を親身になって聞いてくれる
  • 理解しやすい説明をしてくれる
  • 守秘義務があることをきちんと説明してくれる

ケアマネジャーを見極めるポイント! 面談時のチェックリスト

ケアマネジャーが訪問した際は、次のチェックリストでよいケアマネジャーかどうか確認しましょう。

接遇やマナーなど基本のふるまいも要チェックです。

【面談時のチェックリスト】

□身分証明証の提示はあるか
□清潔な身だしなみか
□正しい言葉遣いか
□居宅介護支援事業所の基本理念や運営について説明があるか
□ケアマネジャーの仕事やケアプランについての説明があるか
□「なんでも相談してください」と抽象的な説明で終わっていないか
□担当を変えることができることについての説明があるか
□介護保険制度で利用できるサービスの種類や要介護度に応じたサービス利用上限額、自己負担額などのお金に関する説明があるか
□介護保険サービスだけでなく地域の社会資源やボランティアなどの支援サービスについての説明があるか
□不安をよく聞き、解決策を提案してくれるか
□要介護者だけでなく家族の要望も聞いてくれたか
□契約までの流れや契約後の流れを説明してくれるか
□今後も長いお付き合いができそうなケアマネジャーか

要介護者のQOL向上に! ケアマネジャーとの上手な付き合い方

次に、ケアマネジャーとの付き合い方を紹介します。

適切なサービスを導入し要介護者のQOL(生活の質)を高めるために、ケアマネジャーとの上手な付き合い方を確認しておきましょう。

わからないことは質問して解決する

わからないことはその都度質問して解決し、納得した上でサービスの提供を受けましょう。

わからないまま過ぎていくと、ケアマネジャーに不信感を抱く場合があります。

その積み重ねで、ケアマネジャーとのすれ違いが生じます。

上手く付き合っていくためには、お互い信頼することが大切です。。

要介護者と家族の状態を詳しく伝える

要介護者と家族の要望や状況は詳しく伝えておきましょう。

次のようなことでも構いません。

  • 経済的に余裕がない
  • 趣味は囲碁だった
  • 気になるほどではないが物忘れがひどくなった気がする

介護保険サービスの提供に関係ないと思うことでも、伝えておいた方が安心です。

ケアマネジャーも状態を詳細に把握できれば、適切なサービスの導入を検討できます。

過度な要求はしない

1日に何度も電話したり、無理な提案をしたり過度な要求は控えましょう。

要求を伝えるときは「〇〇なので、▲▲してほしい」と理由を添えて説明すると、相手を不快にさせずにうまく伝えられます。

感謝を忘れない

ケアマネジャーもひとりの人間です。

感謝の気持ちを忘れずにきちんと伝えましょう。

これはケアマネジャー側にもいえることですが、お互いが気持ちよく関わっていくために必要なことです。

ケアマネジャーを途中で変更したいときは?


「なんとなく馬が合わない…」とケアマネジャーに不信感を抱いた経験はありませんか。

ケアマネジャーは、ケアマネジメントの途中でも変更できます

そこで、変更した方がよい場合や変更方法について説明します。

ケアマネジャーを変更した方がよい場合

次のような例に当てはまる場合は、ケアマネジャーの変更を検討しましょう。

  • 説明をせず、印鑑だけもらっていく。
  • 電話だけで用を済ませる。
  • 併設型の居宅介護支援事業所の場合、運営母体のサービスのみ提供する。
  • 要介護認定の継続申請の手続きを家族に負担させる。
  • 在宅介護が難航しているにもかかわらず、施設入所に非協力的である。

上記のような例に当てはまる場合、要介護者のニーズを的確に把握できない可能性があります。

ケアマネジャーの変更方法

ケアマネジャーの変更方法は、主に3通りあります。

  1. 現在利用する居宅介護支援事業所に直接、変更の相談をする
  2. 別の居宅介護支援事業所に変更の相談をする
  3. 市役所や地域包括支援センターに変更の相談をする

始めに、現在利用する居宅介護支援事業所に変更の相談をすることをおすすめします。

担当のケアマネジャーよりも、事業所の代表者の方が相談しやすいです。

その後の対応で、別の居宅介護支援事業所や市役所・地域包括支援センターに変更を相談した方が、担当者変更の引き継ぎがスムーズになります。

信頼できるケアマネジャーを選んで在宅介護の手助けをしてもらおう

要介護者の在宅生活を支援するケアマネジャーは、かけがえのない存在です。

質のよいケアマネジメントを受けるためにも、選び方のポイントを参考にして信頼できるケアマネジャーを探しましょう。

家族も含めて在宅介護を全面的にサポートしてくれるケアマネジャーに出会えるとよいですね。

【ケアマネージャーの選び方】どう付き合う?途中で変更はできるの?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

サイト内を検索する