ケアマネージャー取得の難易度は?受験資格や試験内容を解説

ケアマネージャーは2000年の介護保険法の施行と同時に生まれた資格。
正式名称は「介護支援専門員」といいます。

要介護者やその家族から相談を受け、それぞれの状態に応じた介護サービスを受けられるように支援する「介護保険のプロフェッショナル」です。

介護や福祉に関する幅広い知識が必要なため、受験資格には一定の実務経験が必要で、無資格・未経験から簡単に取得できる資格ではありません

しかしケアマネージャーの資格を取得することは、職場の選択肢を広げたり年収を上げたりすることに繋がり、まさに介護業界でのキャリアップにぴったりなんです!

この記事では、ケアマネージャーの受験資格試験内容資格取得のメリットなど、気になる疑問をすべて解決します。

ケアマネージャーの仕事とは?

ケアマネジャーは、要介護者の心や身体の状態をリサーチして、その人に合った介護サービスを受けられるようにマネジメントする存在です。

介護や福祉に関する幅広い知識や経験を活かし、要介護者が自立した生活を送るためには何が必要か考えます。

まずはケアマネージャーの具体的な仕事内容職場などを紹介します。

ケアマネージャーの仕事内容

具体的な仕事内容は、以下の通りです。

  • ケアプランの作成
    どのような生活が送れるようになりたいか目標を立て、介護サービスの種類や日時、回数を計画する。
    これをもとに、介護サービス事業所は介護サービスを提供する。
  • 給付管理業務
    要介護者がどのくらい介護サービスを利用したのかチェックし、限度額以下に納まっているのか確認する。
    介護給付費を請求するため、国民健康保健団体連合会(国保連)に提出する給付管理票を作成する。
  • 相談業務
    要介護者や家族からの相談に応じる。
    必要に応じて介護サービス事業所と連携をとり、要介護者と介護サービス事業者をつなぐ橋渡しの役割を担う。

ケアマネージャーの職場

ケアマネージャーの職場は主に以下の3つに分けられます。

  • 居宅介護支援事業所
  • 介護保険施設
  • 地域包括センター

居宅支援事業所

居宅介護支援事業所の運営母体は医療法人、社会福祉法人、在宅介護支援センターなどです。
ここで働くケアマネージャーは「居宅ケアマネ」と呼ばれ、ケアマネージャーの職場のメインです。

ケアマネージャーとして自分のキャリアを磨きたいなら、居宅支援事業所でケアプランを数多く作り、経験を積むのがオススメです。

地域資源をしっかりと把握し、介護保険外のサービスも使いながら利用者の在宅生活を支える経験がその後のキャリアの土台となるでしょう。

介護保険施設

介護保険施設は特別養護老人ホーム老人保健施設療養型医療施設などを指します。
これらの入居施設のケアマネージャーになり、そこで生活する入居者のケアプランを作成するという働き方もあります。

地域包括支援センター

地域包括支援センターで主任ケアマネージャーとして勤務することは、この資格のキャリアを磨きキャリアアップする働き方と言えるでしょう。

上記した3つの他にも、市区町村の福祉事務所、社会福祉法人が運営している社会福祉協議会などで働く選択肢もあります。

このように、ケアマネージャーの職場は多岐に渡ります。

ケアマネージャー試験の受験資格は?

2018年に受験資格の変更がありました。

これまで実務経験としてカウントできた「介護等の業務」や「ケース・ワーカー」が対象外になり、これまでよりも受験のハードルが高くなりました。

ここでは、受験資格の最新情報実務経験の計算方法や証明方法を紹介します。

自分の保有資格や勤務年数をチェックしてみましょう。

2018年以降の受験資格

2018年以降ケアマネージャー試験を受験するには、以下いずれかの業務の実務経験5年以上が必要です。

国家資格に基づく業務

該当資格
  • 医師
  • 歯科医師
  • 薬剤師
  • 保健師
  • 助産師
  • 看護師
  • 准看護師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 視能訓練士
  • 義肢装具士
  • 歯科衛生士
  • 言語聴覚士
  • あん摩マッサージ指圧師
  • はり師
  • きゅう師
  • 柔道整復師
  • 栄養士
  • 管理栄養士
  • 精神保健福祉士

相談援助業務に基づく業務

職種 該当施設
生活相談員
  • 特定施設
  • 地域密着型特定施設
  • 地域密着型介護老人福祉施設
  • 介護老人福祉施設
  • 介護予防特定施設
支援相談員
  • 介護老人保健施設
相談支援専門員
  • 計画相談支援
  • 障害児相談支援
主任相談支援員
  • 生活困窮者自立相談支援事業

 など

2017年までの受験資格

2017年までは国家資格に基づく業務や相談援助の業務の経験がなくても、ホームヘルパー2級、実務者研修などの資格を持っていれば実務経験5年で受験することができました。

たとえ無資格であっても介護等の業務経験が10年以上あれば受験資格を得ることができました。

実務経験の計算方法

受験資格の実務経験5年通算して5年以上であり、かつ当該業務に従事した日数が900日以上であることを指します。

この実務経験日数は試験前日までカウントすることができます。

つまり試験の申し込み時点で実務経験が足りていなくても、実務経験見込証明書を提出することで受験可能です。

ただし研究業務、教育業務、事務、営業等は実務経験日数にはカウントされず、要援護者に対する直接的な援助業務の期間のみが対象です。

実務経験の証明方法

実務経験は、試験出願時に実務経験証明書を提出することで証明できます。

【実務経験証明書】

  • 内容:勤務している事業所・施設の代表者などの情報
  • 記入者:証明権限を有する人

個人開業等の例外を除いて、受験申込者本人が記入したものは無効となります。
出願時にあわてることがないよう、早めに準備するようにしましょう。

ケアマネージャー試験ってどんな試験?合格難易度や取得までの流れは?

ケアマネージャーになるための最初の関門が、介護支援専門員実務者試験(=ケアマネージャー試験)です。

試験は年に1回毎年10月に実施されていて、ほとんどの都道府県がマークシート方式です。

「ケアマネージャー試験は年々難しくなっている」と言われていて、最新の平成30年度では全国平均合格率が10.1%と過去最低で、10%を切った県も多数ありました。

ここでは、ケアマネージャー試験の概要合格難易度試験合格後の資格取得までの流れについて紹介します。

ケアマネージャー試験の概要

試験時期や試験時間、出題内容などの概要を下記にまとめます。
より詳細な情報は各都道府県の担当部署にご確認ください。

試験時期 1回/年
例年、10月の日曜日に実施
受験地
  • 出願時、受験資格に該当する業務・職種に従事している場合:その勤務先のある都道府県
  • 従事していない場合:居住している都道府県
願書受付期間 試験の2~4ヶ月前
合格発表時期 試験の1~2ヶ月後
試験形式 ほとんどの都道府県で5つの選択肢から正しいものを2つまたは3つを選ぶマークシート方式
試験時間 120分
出題内容
  • 介護支援分野 25問
  • 保険医療サービス分野 20問
  • 福祉サービス分野 15問
合格ライン 介護支援分野で6~7割
保健医療分野と福祉サービス分野で受験した分野の合計点の6~7割程度
※問題の難易度によって毎年補正される

出題内容の詳細

ケアマネジャー試験は、介護支援分野保健医療サービス分野福祉サービス分野の3つの分野から出題されます。

では、それぞれの分野ではどのような内容が出題されるのでしょうか?

2018年の試験内容をもとに、解説します。

参照:
ケア資格ナビ「ケアマネの試験内容と合格ラインを知ろう!」

過去問クイズ「ケアマネ 過去問 平成29年(第20回)」

介護支援分野

介護支援分野では、主に介護保険制度について出題されます。

ケアマネージャーはケアプランの作成や保険給付の手続きなどの業務で、介護保険制度に対する正しい知識が必要不可欠です。

これらの内容に関する問題や、要介護認定の基本調査項目審査判定基準などに関する問題は、必ず得点しましょう。

また法改正について出題されやすいため、最新の情報を把握することが大切です。

【2018年度 出題内容】

  1. 介護保険法第1条について
  2. 認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)について
  3. 介護医療院について
  4. 介護保険制度における国や地方公共団体の責務について
  5. 介護保険の被保険者資格について
  6. 介護保険の保健給付について
  7. 支給限度基準額について
  8. 地域密着型サービスについて
  9. 共生型居宅サービスについて
  10. 第1号保険者の保険料について
  11. 介護給付に要する費用に係る公費負担について
  12. 財政安定化基金について
  13. 地域支援事業の在宅医療・介護連携推進事業について
  14. 介護サービス情報の公表制度について
  15. 国民健康保険団体連合会の業務について
  16. 指定居宅介護支援事業の人員・運営に関する基準について
  17. 指定居宅介護支援の居宅サービス計画の作成について
  18. 指定介護予防支援事業者の担当職員の業務について
  19. 指定介護老人福祉施設での身体的拘束などの取り扱いについて
  20. 介護認定審査会について
  21. 要介護認定について
  22. 介護認定審査会について
  23. 介護保険と他制度との関係について
  24. 事例問題
  25. 事例問題

保健医療サービス分野

保険医療サービス分野では、要介護者に起こりやすい病気障害について出題されます。

直接支援する際に関わる分野なので、しっかり知識を習得しましょう。
実際に自分が担当したケースを想定して学習すると、より理解が深まるでしょう。

【2018年度 出題内容】

  1. 高齢者に多い症状や疾病について
  2. 深部静脈血栓症他、適切な記述を選択
  3. 感染症と完成経路の組み合わせについて
  4. メタボリックシンドローム他、適切な記述を選択
  5. バイタルサインについて
  6. 高齢者に多い症状や疾病について
  7. 認知症について
  8. 在宅での医療機器使用における留意点について
  9. BMI他、適切な記述を選択
  10. 在宅時の呼吸管理について
  11. 低栄養状態他、適切な記述を選択
  12. 在宅時の医療管理について
  13. 高齢者に起こりやすい急変や急変時の対応について
  14. 死亡診断書について
  15. 定期巡回・随時対応型訪問介護看護について
  16. 訪問看護について
  17. 看護小規模多機能型居宅介護について
  18. 通所リハビリテーションについて
  19. 介護医療院について
  20. 介護老人保健施設について

福祉サービス分野

福祉サービス分野では、利用者との面接時のコミュニケーション技術に関する問題や、介護保険が利用できる介護サービスに関する問題が出題されます。

その他にも「福地用具貸与」「生活保護法」に関する問題も頻出するため押さえておきましょう。

【2018年度 出題内容】

  1. 面接場面でのコミュニケーション技術について
  2. インテーク面接について
  3. ソーシャルワークにおける集団援助について
  4. ソーシャルワークにおける地域援助について
  5. 短期入所生活介護について
  6. 福祉用具貸与について
  7. 訪問介護について
  8. 通所介護について
  9. 訪問入浴介護について
  10. 夜間対応型訪問介護について
  11. 小規模多機能型居宅介護について
  12. 介護老人福祉施設について
  13. 成年後見制度について
  14. 生活保護制度について
  15. 後期高齢者制度について

合格難易度

ケアマネジャー試験の合格率は、全ての回で50%を下回っていて、決して簡単な試験ではありません。
さらにケアマネージャー試験は「年々難しくなってきている」と言われています。

第1回(平成10年)に行われた試験は44.1%でしたが、年々下がり続けており、第21回(平成30年)の試験では10.1%と過去最低でした。

ケアマネージャー試験は、5つの選択肢の中から複数選ぶマークシート形式です。

近年の傾向として、選択肢の文章が短くなっており、回答に迷いやすいです。

正しい知識に加えて読解力や国語力が必要なため、難易度が高くなっています。
参照:厚生労働省「第21回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について」

資格取得までの流れ

ケアマネジャーの資格は、試験に合格するだけでは取得できません。

ケアマネージャー試験に合格した後、資格取得までの流れは以下の通りです。

ステップ1 介護支援専門員実務者研修試験に合格
ステップ2 「介護支援専門員実務研修」を全日程(87時間)出席
→修了
ステップ3 各都道府県に登録申請を提出
ステップ4 登録申請の受理後、都道府県の知事が介護支援専門員証を交付

これらの手続きは受験者側から申請しなければならないので、忘れないようにしましょう。

ケアマネジャーとして働くためには、介護支援専門員証の交付が必須です。

申請から交付までには1ヶ月ほどかかるので、早めに申請するのがおすすめです。

要注意!介護支援専門員証の有効期限は5年

ケアマネジャーの資格には5年の有効期限があります。

有効期限を更新には、有効期限満了日までに更新研修を受けなければなりません。

更新手続きは有効期間満了日の1年前から受け付けていてます。

介護支援専門員証交付申請書や交付手数料などを、自治体に提出することで手続きできます。

ケアマネージャーの資格取得のメリットは?

ここまでケアマネージャーの仕事内容やケアマネージャー試験の概要について解説してきました。

ケアマネージャー試験は難易度が高く、きちんと時間をかけて対策をしなければなりません。

一体、ケアマネージャーになるとどんなメリットがあるのでしょうか?

ここではケアマネージャーの資格を取得する4つのメリットをご紹介します。

1.給与が上がる


まず挙げられるのは、給与アップが見込めるということです。

厚生労働省の調査によると、平成29年度のケアマネージャーの平均給与は348,760円です。

同じ年の一般的な介護職員の給与は297,450円51,310円の差があり、介護従事者のなかでは看護職員に次いで高額です。

介護職員 297,450円
看護職員 371,430円
生活相談員
支援相談員
323,690円
介護支援専門員 348,760円

参考:厚生労働省「平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果」

2.転職の幅が広がる

転職時に選択肢が広がるのも大きなメリットです。

ケアマネージャーは現場の介護職よりも、「居宅介護支援事業所でケアプラン作成中心の業務をする」「介護保険施設の事務室で働く」「地域包括センターを職場にする」など職場選びに多様な選択肢があります。

3.夜勤がなく、勤務時間を自分で調整できる

ケアプランの作成も利用者宅への訪問も日中の仕事で、ケアマネージャーのは基本的に夜勤がありません

とくに利用者宅への訪問は、利用者側とケアマネージャー側の都合を加味して決めるため、勤務時間に自由度があります。

働き方を工夫すれば、女性であっても結婚して子供を出産したあとも続けていけるでしょう。

4.体力に自信がなくても介護の仕事を続けられる

ケアプランの作成や給付管理業務など、ケアマネージャーの仕事はデスクワークが中心です。

利用者宅へ訪問することはあっても、食事や入浴・排泄など直接介護をする仕事ではありません。

「介護の仕事は続けたいけど、体力的にきつい…」という人であっても、これまでの経験を生かしながらムリなく介護に関わることができるのは、ケアマネージャーになる大きなメリットです。

ケアマネージャーに合格して介護のプロフェッショナルになろう


ケアマネジャーは、介護のプロフェッショナルとして介護業界の第一線で活躍できる職業です。

無資格・未経験から目指せる職業ではないため難易度の高い資格ですが、ケアマネージャーになることは介護職のひとつの到達点と言えるでしょう。

介護業界でどのようにキャリアアップしたいかイメージして、興味のある人はぜひ受験しましょう。

ケアマネージャー取得の難易度は?受験資格や試験内容を解説

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

「ヘルパー2級」資格は「初任者研修」に変更に!影響は?仕事は変わる?

初任者研修って、何ですか? 研修ってついてますけど…… ユマケア編集部 初任者研修は介護の入門資格ですよ! 興味があるん…

漫画・安全か?プライドか?

漫画「安全か?プライドか?」(ゆるゆらり)

ユマケア編集部 ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク。」で知られるゆるゆらりさん。 介護職の役割…

漫画「介護施設の利用者さまの幻聴幻覚がなくなった理由」

漫画「介護施設の利用者さまの幻聴幻覚がなくなった理由」(pinky)

初めまして。 「家事ときどき介護~介護も一息、今度は育児!?~」という漫画ブログを描いている、pinkyと申します。 1…

【高齢者とのコミュニケーション】ポイントや注意することは?

高齢者とのコミュニケーションで大切なポイントは、「聞くこと」と「話すこと」。 特に話し方は、【言語】【準言語】【非言語】…

【ケアマネージャーの選び方】どう付き合う?途中で変更はできるの?

数多くある居宅介護支援事業所からケアマネジャーをどのような基準で選んだらよいのでしょうか。 ケアマネジャー次第で要介護者…