ケアマネージャー取得の難易度は?受験資格や試験内容を解説

ケアマネジャーとは、要介護者のサービス利用にあたりケアマネジメントを担当する、介護支援専門員です。

介護のプロフェッショナルとして人気の高いケアマネージャーの資格ですが、誰もが簡単に取得できるものではありません。

難易度が高く合格率も低いため、事前の対策が必要です。

しかし、要介護者の自立支援を手助けするケアマネージャーの業務は、専門性が高く「やりがい」につながります。

ケアマネジャーは、スキルアップやキャリアアップにおすすめな資格です。

受験資格や試験内容を確認して、合格するための対策を始めましょう。

ケアマネージャーになろう! 受験資格や資格取得の流れを要チェック

まず、ケアマネジャー試験の受験資格や資格取得後の流れをチェックしましょう。

2018年度に、受験資格が変更されました。
今までより受験するまでのハードルが高くなったので、自分の保有資格や勤務年数を確認してください。

ケアマネージャーの仕事とは?

そもそもケアマネージャーとはどんな存在で、どんな仕事をするのか、簡潔に説明してください。

ケアマネジャーとは、要介護者の心身状況をアセスメントし、どんな支援が必要かマネジメントする存在です。
要介護者が自立し、安心した生活を送るために何が必要か考えます。

具体的な仕事内容は、以下の通りです。

  • ケアプランの作成
    どのような生活が送れるようになりたいか目標を立て、介護サービスの種類や日時、回数を計画する。
    これをもとに、介護サービス事業所は介護サービスを提供する。
  • 給付管理業務
    要介護者がどのくらい介護サービスを利用したのかチェックし、限度額以下に納まっているのか確認する。
    介護給付費を請求するため、国民健康保健団体連合会(国保連)に提出する給付管理票を作成する。
  • 相談業務
    要介護者や家族からの相談に応じる。
    必要に応じて介護サービス事業所と連携をとり、要介護者と介護サービス事業者をつなぐ橋渡しの役割を担う。

受験資格と必要な実務経験年数

今までは、介護業務に従事した年数が5年あると受験が可能でした。
改正後は国家資格を取得した後、介護業務に5年従事しなければ受験資格が得られません。

介護業務未経験の人がケアマネジャーを目指す場合、介護業務に3年従事したあと介護福祉士を取得し、その後5年働く必要があります。
最短で8年はかかることになります。

詳しい変更内容は、以下の通りです。

  1. 国家資格を取得後、登録してからの業務が5年かつ900日以上ある者。

    対象となる国家資格:医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、栄養士(管理栄養士)、技師装具士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士
    ただし、要援護者に対して直接支援を行っていることが条件です。

  2. 次の施設等において法により必置とされる相談援助業務に従事した期間が 5 年かつ 900 日 以上ある者。
    1. 特定施設入居者生活介護施設 生活相談員
    2. 地域密着型特定施設入居者生活介護施設 生活相談員
    3. 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護施設 生活相談員
    4. 介護老人福祉施設 生活相談員
    5. 介護老人保健施設 支援相談員
    6. 介護予防特定施設入居者生活介護施設 生活相談員
    7. 障害者総合支援法に基づく計画相談支援に規定する 相談支援専門員
    8. 児童福祉法に基づく障害児相談支援事業に規定する 相談支援専門員
    9. 生活困窮者自立相談支援事業の主任相談支援員

参照:社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会 福祉研修センター「事業所の皆様 30 年度からケアマネ受験資格が変更になります!」

ケアマネージャー資格取得の流れ

ケアマネジャーの資格は、試験に合格するだけでは取得できません。

試験に合格後、介護支援専門員実務研修を受けて課題を提出します。
その後、介護支援専門員資格登録簿への登録を申請し受理され、介護支援専門員証が交付されます。
これらの手続きは受験者側から申請しなければならないので、忘れないようにしましょう。

ケアマネジャーとして働くためには、介護支援専門員証の交付が必須です。
申請から交付までには1ヶ月ほどかかるので、早めに申請することをおすすめします。

また、ケアマネジャーの資格には有効期限があり、5年ごとに更新しなければなりません。
更新するためには、有効期間満了日までに更新研修を受ける必要があります。

更新手続きは、有効期間満了日の1年前より受け付けています。
介護支援専門員証交付申請書や交付手数料などを、自治体に提出します。

ケアマネージャーの合格率は?難しい?

次に気になるのは、試験の合格率や難易度です。
ケアマネジャー試験は、難易度が高いといわれています。
では、具体的にどの程度難しいのか説明します。

ケアマネージャーの合格率は50%未満!

ケアマネジャー試験の合格率は、全ての回で50%を下回っています。
第1回(平成10年)に行われた試験は44.1%でしたが、年々下がり続けており、第21回(平成30年)の試験では10.1%と過去最低でした。

試験内容の難易度が高い理由

ケアマネジャー試験は、国家資格ではなく公的資格で、都道府県が管轄しています。
問題や合格基準は全国統一ですが、合格率に差があります。
地方よりも都市部の方が、合格率が高い傾向がみられます。

試験は、5つの選択肢の中から複数選ぶマークシート形式です。

近年の傾向として、選択肢の文章が短くなっており、回答に迷いやすいです。
正しい知識に加えて、読解力や国語力が必要になります。

これらの理由から、難易度が高くなっています。
参照:第21回(平成30年度)ケアマネ試験 合格率一覧(都道府県別)

ケアマネージャーの試験はどんなもの?内容は?

2017年の試験内容をもとに、解説。
正答率は70%以上が合格の目安。

ケアマネジャー試験は、介護支援分野、保健医療サービス分野、福祉サービス分野の3つが出題されます。
合格基準は毎年異なりますが、正答率70%が目安とされています。

では、ケアマネジャー試験ではどのような内容が出題されるのでしょうか?
2017年の試験内容をもとに、解説します。

参照:
ケアマネの試験内容と合格ラインを知ろう!

ケアマネ 過去問 平成29年(第20回) | 筆記試験を解説付きクイズ形式で出題!

介護支援分野

主に、介護保険制度について出題されます。
複雑なので正しく理解することと、法改正について出題されやすいので最新の知識が求められます。

1:介護保険法第4条について
2:介護保険の保険給付について
3:2014年の介護保険制度の改正内容について
4:介護保険の第2号被保険者について
5:介護保険の保険給付について
6:指定居宅介護支援および指定居宅サービスの費用について
7:高額介護サービス費の支給について
8:指定居宅介護支援事業について
9:指定居宅介護支援事業の指定の取り消しについて
10:指定介護予防支援事業者について
11:指定介護予防支援について
12:市町村介護保険事業計画について
13:保険料滞納者について
14:介護保険審査会への審査請求について
15:居宅サービス計画原案の作成について
16:介護サービス計画作成のための課題分析標準項目について
17:居宅サービス計画作成について
18:指定居宅介護支援におけるサービス担当者会議について
19:指定居宅介護支援等の事業の人員や運営に関する基準について
20:生活支援体制整備事業の生活支援コーディネーターについて
21:指定居宅介護支援等の事業の人員や運営に関する基準について
22:指定介護老人福祉施設について
23:要介護認定について
24:介護認定審査会について
25:事例問題

保健医療サービス分野

要介護者に起こりやすい病気や障害について出題されます。
直接支援する際に関わる分野なので、しっかり知識を習得しましょう。

26:さまざまな検査項目について
27:高齢者に多い疾病について
28:循環器の疾病について
29:呼吸器疾患について
30:神経難病について
31:認知症について
32:老年期うつ・せん妄・統合失調症について
33:感染予防について
34:褥瘡について
35:自己注射・肺炎・脳梗塞・インフルエンザ・肺血症について
36:在宅医療管理について
37:在宅酸素療法について
38:高齢者のリハビリテーションについて
39:短期入所療養介護について
40:介護老人保健施設について
41:高齢者の疾患について
42:高齢者のがんとターミナルケアについて
43:服薬管理について
44:訪問看護について
45:介護予防訪問看護・居宅療養管理指導・短期入所療養介護・看護小規模多機能型居宅介護・介護予防訪問リハビリテーションについて

福祉サービス分野

介護保険のサービスや高齢者の権利を守る制度・法律についての理解が求められます。
要介護者と関わるときの姿勢や援助方法など、実務のときに役立つ知識も問われます。

46:インテーク面接について
47:ソーシャルワークについて
48:メゾ・ソーシャルワーク(集団援助)について
49:マクロ・ソーシャルワーク(地域援助)について
50:短期入所生活介護について
51:住宅改修について
52:通所介護について
53:訪問介護について
54:訪問入浴介護について
55:認知症対応型通所介護について
56:地域密着型通所介護について
57:介護老人福祉施設について
58:成年後見制度について
59:障害者総合支援法・介護保険法について
60:高齢者虐待防止について

参考書やセミナーを活用して、ケアマネジャーの合格率を高めよう

ケアマネジャー試験の勉強方法には、独学とセミナーを受講する方法があります。
ここでは、おすすめの参考書とセミナーを紹介します。
自分に合った勉強方法で、知識を深めましょう。

【おすすめの参考書】
ケアマネジャー試験 過去問解説集(中央法規)
5年分の過去問が掲載されている。
正解だけでなく、解き方のテクニックも充実している。

2019年版 ユーキャンのケアマネジャーこれだけ!一問一答
一問一答の問題集なので、隙間時間の勉強に適している。
イラストや図表が多く使われており分かりやすいと評判。

【おすすめのケアマネジャー試験対策講座】
三幸福祉カレッジ ケアマネジャー受験対策講座
通学だけでなく、通信や直前対策など豊富なコースから選べる。
合格率が64.4%と高い実績がある。

ケアマネージャーに合格して介護のプロフェッショナルになろう

ケアマネジャーは、介護のプロフェッショナルとして活躍できる職業です。
受験するまでの道のりが長く、試験の難易度も高いですが、合格すると介護の最前線で働くことができます。

マネジメント業務が中心なので他の介護業務よりも身体的疲労が少なく、年齢を重ねても働き続けられるというメリットがあります。

介護業界でどのようにスキルアップしたいかイメージして、興味のある人はぜひ受験しましょう。

ケアマネージャー取得の難易度は?受験資格や試験内容を解説

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

サイト内を検索する