廃用症候群の症状と原因は?治療やリハビリ内容も

高齢者の寝たきりで注意したい病気が「廃用症候群」です。

廃用症候群とは、身体の不活動によって起こる二次的な障害を意味します。

寝たきり状態が1日でも長く続けば、心身の機能は悪くなるばかりです。

廃用症候群の症状や原因を知って、症状の悪化を予防しましょう。
また、治療法やリハビリ方法も合わせて紹介します。

原因や症状を知って、高齢者の廃用症候群を理解しよう

廃用症候群を防ぐには、まずそもそもどのような症状なのか、何が原因で生じるのかを理解しておきましょう。

以下では、廃用症候群の定義と現れる具体的な症状を解説します。
発生の原因を「寝たきりになる理由」から紐解いていきましょう。

廃用症候群の定義や症状とは?

廃用症候群とは、病気や怪我などが原因で長期間にわたり安静状態を継続することにより、身体能力や精神状態に悪影響が生じる症状のことです。

特に高齢者の場合、廃用症候群の進行は早くなります。
本人の自覚症状がないままに身体機能の低下が進み、気がついたときには「起きられない」「歩けない」などの状態になることが少なくありません。
さらに、活動量が低下することで気分的な落ち込みが顕著に出るようになり、うつ状態やる気の減退などの症状が現れることも多いです。

廃用症候群の主な症状としては、

  • 筋萎縮による筋力低下
  • 関節拘縮
  • 骨萎縮
  • 呼吸機能、心機能低下
  • 起立性低血圧
  • 誤嚥性肺炎
  • 深部静脈血栓症
  • 精神機能低下(うつ状態、認知機能低下、せん妄、見当識障害)
  • 圧迫性末梢神経障害
  • 尿路結石
  • 尿失禁、便失禁
  • 低栄養状態
  • 褥瘡

などが挙げられます。

どれも悪化すると命に関わる深刻な症状ですが、特に褥瘡に注意が必要です。
離床が難しくなり、日常的にオムツを使用することで臀部の湿潤状態が続くと、発生のリスクはさらに高まります。
感染症も起こしやすくなり、敗血症で命を落とすこともあるので注意が必要です。

脳梗塞や骨折には注意! 廃用症候群の原因とは?

廃用症候群は不活動の状態が続くことで起こります。
そのため、身体機能を大きく低下させ、寝たきりにつながるような病気・症状に直面すると、発生のリスクは上昇するわけです。

厚生労働省の「国民生活基礎調査」によると、ベッドからの離床が困難になる「要介護5」(要介護認定の最も介護度が高い段階)になった原因の上位3位は、「脳卒中」「認知症」「骨折・転倒」となっています。
これらの病気・怪我に直面することで、日常生活における活動性が低下してしまい、寝たきり状態になる人が多いのです。

また、その他の病気であっても、安静に過ごす期間が長引いてベッドの上で過ごす時間が長期化すれば、身体機能は低下していきます。
さらに加齢ともに関節の痛みが強まり、歩行時間が少なくなることでも、活動量は減少せざるを得ません。
それだけ、廃用症候群の発症リスクは高まるわけです。

たとえ介護施設や病院であっても、治療や療養などを理由に不活性の状態が続けば、筋肉・関節が衰弱していきます。

一般的に、1日寝たきり状態が続くと約3%、1週間では10~15%の筋肉が減少します。
1日の安静によって生じた機能低下を回復させるには、数日から1週間かかり、1週間の安静で生じた機能低下を回復させるには1カ月以上かかるのです。

廃用症候群の兆候がみられた場合、適切な治療やリハビリをすぐに始めなければ、症状はどんどん悪化していきます。

高齢者の廃用症候群、治療のカギは予防とリハビリ

廃用症候群は放っておくと心身機能の衰弱を進行させ、さらなる状態悪化を招くという悪循環を招きかねません。
治療は早い段階から行い、悪循環を断ち切る必要があります。

治していく上でカギとなるのは、予防とリハビリを継続することです。
身体機能を低下させないための取り組みを続けることが、廃用症候群の改善につながります。

治療の第一歩は「廃用症候群の悪循環を断ち切る」

廃用症候群の治療は、本人の心身状態の状況に応じて進めることが大切です。

嚥下機能が低下し、誤嚥性肺炎のリスクが高くなっていれば、嚥下体操などを通して機能向上を図る一方で、食事内容をソフト食や刻み食など食べやすいものに切り替える必要があります。
誤嚥性肺炎は悪化すると生死に関わる病気なので、発症してしまった場合は、医師と相談しながら速やかに治療を開始せねばなりません。

もし褥瘡がみられる場合は、軟膏の処置や栄養状態の改善などの処置を行うことが求められます。

廃用症候群の症状は多岐にわたるため、主治医と相談しながら適切な治療を施していくことが大切です。
症状に合わせた治療を開始することで、心身機能の低下が、さらなる状態悪化を招くという悪循環を断ち切ることにつながります。

そして治療とともに進めていくのが、次に紹介する「リハビリ」です。

廃用症候群は予防から! 心身の機能を高めるリハビリの重要性

廃用症候群によって衰えた心身を元に戻すには、衰弱に至るまでの倍以上の期間をかけて回復に努めなければなりません。
そのため、体や心の機能低下を予防するリハビリを積極的に行うことが、治療上のポイントです。

ここで言うリハビリとは、理学療法士による「体を動かす」などの物理的方法だけではありません。
作業療法士による認知機能の改善への取り組みや、言語聴覚士による言語能力・聴覚能力を高めるための訓練なども大切です。

また、普段のケアにひと工夫するだけでも予防につながります。

例えば、支えて立位を保持できるのであれば、足腰に筋力をつけるために清拭の際にその運動を取り入れても良いでしょう。

それからケアを行う際、自分でできることは自分で行ってもらうようにすることも予防の上では重要です。
過度な介護をすると心身の衰えを早め、日常生活機能の低下を招きかねません。
自分自身で身の回りのことをやり遂げようとすることが、身体機能、認知機能の維持・向上に役立つのです。

ほかにも予防の上で役立つこととして、「趣味・生きがいを持って社会活動に参加すること」が挙げられます。
できるだけ外出し、社会活動への参加によって日常生活における活動量をアップさせ、心身機能の低下を防ぎましょう。

廃用症候群のリハビリ方法、ポイントは「生活リハ」

廃用症候群を防ぐには、身体的なリハビリだけでなく、趣味や家事など日常生活の中で取り組める「生活リハビリ(生活リハ)」を通して活動性を高めることが大事です。

例えば、運動の苦手な高齢者に対して、下半身のエクササイズをするよう指導しても、なかなか長続きしません。

しかし、自分が好きなこと、得意なことであれば喜びや楽しさを感じ、日々継続しやすくなります。
もし料理が好きな人であれば、「立って調理する」といった生活リハを取り入れながら進めると、活動性の向上につながりやすくなるでしょう。

以下では、「生きがい」をもって取り組める生活リハの事例を紹介し、さらに下半身のリハビリや口腔機能のリハビリも併せて解説します。

生活のリハビリ(作業療法)

生活リハを行う上で大事なのは、「喜び」や「生きがい」の獲得を目的として進めることです。
楽しみながら取り組みを進めるうちに、結果として廃用症候群を予防することができます。

  • IADL訓練
    「IADL」(手段的日常生活動作)とは、日常生活を送る上で必要となる動作のうち、家事全般や電話への応対、金銭管理、服薬管理、交通機関の利用など、複雑で高次な動作のことです。
    IADL訓練とは、これら手段的日常生活動作を通して行うリハビリのことをいいます。
    機能の衰えが出ている高齢者にとっては、IADLは絶好のトレーニングの場となるのです。

    もし家事が不得意なら金銭管理だけをお願いするなど、本人が苦痛を感じないこと、得意なことに合わせて取り組んでもらいましょう。
    そのことが継続した取り組みにつながります。

  • 趣味的作業
    趣味を通して行うリハビリを行うこともできます。
    例えば、女性が趣味として取り組むことの多い手芸や編み物もその一例です。
  • 音楽的作業
    音楽療法とも呼ばれている方法で、音楽を聴く、あるいは歌うことによって、脳を活性化させて心身のバランスを整えることができます。

    心地よい音楽を聴くことで不安や緊張を和らげリラックス効果が期待でき、さらに歌うことを通して、口周りの器官の運動、筋肉の働きを促すことができ、口腔機能の向上にもつながります。

下半身のリハビリ(理学療法)

全身の筋肉のうち、大きな割合を占めているのが下半身の筋肉です。
衰弱すると歩行・離床が難しくなり、廃用症候群に至るリスクが高まるので、下半身のリハビリには特に力を入れる必要があります。

◆背筋・臀筋トレーニング
まず、背筋と臀筋(お尻の筋肉)を鍛えるためのトレーニング方法を紹介します。

  1. 仰向けに寝て膝を曲げる。
  2. 臀部と膝に力を入れて、お尻を持ち上げる。
  3. 臀部をゆっくりと下ろす。

◆大腿四頭筋(だいたいしとうきん)トレーニング(SLR・パテラセッティング)
大腿四頭筋とは、太ももの前部にある大きな筋肉をまとめた総称のことです。
立ち上がりや歩行時に重要な筋肉であるため、衰えないようトレーニングすることが、廃用症候群の予防につながります。

大腿四頭筋のトレーニングは大きく分けて「SLR」(下肢伸展挙上)と「パテラセッティング」の2つがあるので、それぞれ紹介しましょう。

  • SLR
    1. 仰向けに寝て、運動しない側の足の膝を曲げます。
    2. 運動する側の足を伸ばしたまま、ゆっくりと上に足を上げます。
    3. 足をゆっくりと下ろします。
  • パテラセッティング
    1. 仰向けに寝て、運動する足の膝下にゴムボール(ペットボトルやタオルでもかまいません)を入れます。
    2. 膝下に入れたゴムボールを押しつぶすように、足に力を入れます。
    3. 力を抜きます。

◆内転筋トレーニング
内転筋(ないてんきん)は太ももの内側にあり、下半身のバランスを調整し、安定した歩行を行う上で欠かせない筋肉です。
トレーニングは以下の順序で行います。

  1. 仰向けに寝て、両膝を曲げます。
  2. 膝の間にクッションなどを挟み、両膝で強く挟もうとします。
  3. 力を抜きます。

口腔機能のリハビリ(言語聴覚療法)

口腔機能とは、口腔内の感覚、咀嚼、嚥下(飲食物を飲み込むこと)、唾液分泌、言語機能など口腔に関わる様々な機能のことです。
もし口腔機能が衰えると、食事をスムーズに摂れなくなってしまうため、食事量が減って低栄養状態になり、廃用性が進行するリスクが高まります。

低栄養状態を防ぐためには、口腔機能のリハビリが大事です。
ここでは、誰でもすぐに取り組めるリハビリ方法として、嚥下体操、頭部挙上訓練を紹介しましょう。

◆嚥下体操
口に入れた飲食物を飲み込む「嚥下」を行いやすくするための体操です。以下の順序で行います。

  1. ゆっくりと深呼吸します。
  2. 呼吸しながら首をゆっくりと回し、左右に倒します。
  3. 肩を上げ下げします。
    上げるときは肩をすくめるようにして、下げるときは力を抜きましょう。
  4. 両手を上げて軽く背伸びをします。
  5. 頬を膨らませる、すぼめるを2~3回行います。
  6. 舌を出す、ひっこめる、出したまま左右に動かす、をそれぞれ2~3回行います。
  7. 「パパパ、ラララ、カカカ」もしくは「パラカ」とゆっくり言います。
  8. 深呼吸を数回行います。

◆頭部挙上訓練(とうぶきょじょうくんれん)
シャキア法とも呼ばれるトレーニング法で、嚥下の際に必要な舌骨上筋群(ぜっこつじょうきんぐん)、喉頭挙上筋群(こうとうきょじょうきんぐん)を鍛えることができます。以下の順序で行います。

  1. 仰向けに寝ます。
  2. 足のつま先を見るように頭を持ち上げます。

もし一人で行えない場合は、介助者が頭を持ち上げましょう。

廃用症候群は予防から! 一刻も早い対策が高齢者を救う

廃用症候群を防ぐには、病気や怪我に注意するとともに、心身機能が低下しないようにリハビリに取り組むことが大切です。
高齢者の場合、自分の衰えを自覚できないこともあります。
そのため、周囲の家族などが体を動かすように本人に促すことも必要でしょう。

ただし、リハビリに取り組む際は、健康状態に配慮しつつ無理のない範囲で行うことが大事です。
日々の生活の中で継続して行える方法で、予防に取り組むようにしましょう。

廃用症候群の症状と原因は?治療やリハビリ内容も

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

「ヘルパー2級」資格は「初任者研修」に変更に!影響は?仕事は変わる?

初任者研修って、何ですか? 研修ってついてますけど…… ユマケア編集部 初任者研修は介護の入門資格ですよ! 興味があるん…

漫画・安全か?プライドか?

漫画「安全か?プライドか?」(ゆるゆらり)

ユマケア編集部 ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク。」で知られるゆるゆらりさん。 介護職の役割…

漫画「介護施設の利用者さまの幻聴幻覚がなくなった理由」

漫画「介護施設の利用者さまの幻聴幻覚がなくなった理由」(pinky)

初めまして。 「家事ときどき介護~介護も一息、今度は育児!?~」という漫画ブログを描いている、pinkyと申します。 1…

【高齢者とのコミュニケーション】ポイントや注意することは?

高齢者とのコミュニケーションで大切なポイントは、「聞くこと」と「話すこと」。 特に話し方は、【言語】【準言語】【非言語】…

【ケアマネージャーの選び方】どう付き合う?途中で変更はできるの?

数多くある居宅介護支援事業所からケアマネジャーをどのような基準で選んだらよいのでしょうか。 ケアマネジャー次第で要介護者…