介護職入門なら「介護助手」募集をチェック!どんな仕事?資格は必要?

はじめての介護職なら介護助手がオススメです。

無資格・未経験歓迎の求人が多いので、安心して始められます。
「介護職に興味はあるけれど、自分にあうか不安」な人は、まずは介護助手として現場の雰囲気をみてみましょう。

仕事内容は簡単なものから専門的なものまでさまざま。

覚えやすい仕事からスタートして、徐々に技術を身につけていきましょう。

シフト制が多く、自由に働けるのも嬉しいポイント。

子育て中の方や、高齢の方のセカンドステージとしても注目されているのが介護助手の仕事です。

ここでは「介護助手の仕事内容」「働く場所」「給与」「魅力」「働き始めてから取るとよい資格」を解説します。

この記事で疑問を解決して、介護助手デビューの不安を解消しましょう!

介護助手はどんな人?

介護助手(介護補助)とは、介護の現場で介護士をサポートする人たちのことです。

主に3つの目的でつくられました。

  1. 介護現場の人材確保
  2. 高齢人口の退職後の新たな就労先
  3. 介護予防

参考:厚生労働省 介護人材対策について平成30年12月11日

人手不足な介護現場では、介護士はさまざまな仕事を行わなければなりません。

介護助手がいることで、介護士は専門知識や技術を必要とする仕事に専念することができます。

主に定年退職後の高齢者を想定した職種でした。

しかし介護助手の仕事内容や働き方に対して、学生や、子育て中~子育てがひと段落した方にも注目が集まっています。

具体的な仕事内容と勤務場所を見ていきましょう。

具体的な仕事内容

仕事内容は、簡単なものから少し専門的なものまでさまざまです。
専門的な業務になると大変さはありますが、仕事としてはやりがいがあります。

三重県老人保健施設協会の例を見ると、A~Cの3つに分類されています。

  • Aクラス…一定程度の専門的知識・技術・経験を要する比較的高度な業務
  • Bクラス…短期間の研修で習得可能な専門的知識・技術が必要となる業務
  • Cクラス…マニュアル化・パターン化が容易で、専門的知識・技術がほとんどない方でも行える業務

参照:公益社団法人全国老人保健施設協会 元気高齢者の介護助手事業について p8

Aクラスは、認知症の方への対応や見守り、話し相手になる、趣味活動のお手伝いなどをします。

Bクラスは、施設の利用者さんのADL(日常生活動作)に応じたベッドメイキングや配膳時の注意、水分補給などが仕事内容です。

Cクラスは、施設内の清掃や食事の後片付け、備品の準備などをします。

「高度な」「専門知識・技術が必要な」ときくと難しい仕事と考えるかもしれませんが、身体介護を行うことはありません。
介護助手の仕事は介護系資格がないことを想定した内容です。

清掃や食事の後片付けなど、覚えやすい仕事から慣れていきましょう。

周りの介護助手の先輩や、介護士の仕事を見ていると自然とわかることも増えてきますよ。

働く場所

介護助手は、介護士と同じように介護の現場で働きます。

施設の役割はそれぞれ違うので、特徴をおさえておきましょう。

  • デイサービス
    日帰りで施設を利用し、食事やレクリエーション、入浴などのサービスが受けられます。
  • 特別養護老人ホーム
    自宅で生活することが難しい要介護3以上の方が利用する施設です。
    看取りにも対応しています。
  • 認知症型グループホーム
    認知症の高齢者の方が5~9人ほどの人数で一緒に生活する施設です。
    利用者さんの能力に合わせて家事やレクリエーションをして、症状の改善や緩和を目指します。
  • 有料老人ホーム
    必要に応じて介護サービスが受けられる住宅型、介護サービス全般が利用できる介護付、自立して生活が送れる健康型の3種類があります。
  • 老人保健施設
    在宅復帰を前提とした施設で、入所期間は3カ月~1年ほどです。
  • 在宅支援サービス事業所
    デイサービスや訪問介護、ショートステイなどをまとめて提供しています。

施設の種類は同じでも、入居者数や職員数によって仕事内容や働き方が異なります。

はじめての介護職ならなおさら慎重に選びましょう。

通いやすさも大切ですが、それだけで決めるのはオススメしません。

人手不足で常に慌ただしい職場では、新人教育が行き届かない可能性もあります。

↓施設ごとの詳しい仕事内容はこちらで紹介しています。
まずはそれぞれの特徴を掴んで、自分に合いそうな職場を探してみてくださいね。


働き方・給与

介護助手はパートやアルバイトなどの時給制で働くことが多いです。

人手不足な業界なので、短時間からでも歓迎という事業所もあります。

子供が学校に行っている間だけ、体力に自信がないので短時間、など希望条件を設定して、求人サイトを探してみましょう。

首都圏の時給の相場は900円~1,500円ほどです。

月給で見てみると16万円~20万円ほどが相場です。

↓施設や職種ごとの介護職の給与はこちらで詳しく解説しています。

介護助手の3つの魅力

介護助手は3つの魅力があります。

  1. 無資格・未経験OK
  2. 勤務時間や日数に限りがある人も働きやすい
  3. 現場で働きながら介護を学べる

始めやすく、無理なく働けて、勉強にもなる、それが介護助手の魅力です。
介護職入門にぴったりですよ。

さっそくみていきましょう。

1.はじめての介護職に◎無資格・未経験OK!

介護職は専門的な仕事で、経験や資格が必要だと思っていた方もいるかもしれません。

しかし介護助手として働くなら、経験も資格もなくて大丈夫なんです。

利用者を直接介護する身体介護は、介護職員初任者研修以上の資格が必要です。

介護助手は介護職員をサポートすることが仕事なので、特別な資格や経験は必要ありません

はじめての介護でも、始めやすい仕事です。

2.子育て中や高齢の方も安心!ムリなく働ける

介護助手は「限られた時間だけ仕事をしたい人」も自分の都合に合わせて働けます。

雇用形態はパートやアルバイトが多いです。
子育て中や高齢の方でも働きやすいシフト制を採用している職場が多いでしょう。

高齢で体力にあまり自信がないなら、短時間勤務可能な職場がオススメです。

人生のセカンドステージを無理なく充実させられます。

若い人よりも年齢が近い職員のほうが安心できるという利用者もいます。

時間や体力に制限はあるけれど、自分の時間を有効に使いたい人に向いています。

3.現場で働きながら介護を学べる!

介護助手として働くと、現場で学びながら給与ももらえるので一石二鳥です。

資格を持っている介護士は良いお手本になりますよ。

無資格のうちは食事介助や入浴介助はできませんが、将来資格を取ったらどんな仕事をするのかイメージしやすくなります。

介護現場の雰囲気も感じられるので、良い経験になるでしょう。
自分にあう仕事か確かめてから、本格的に介護の勉強を始めても遅くありません。

ここからは、介護助手として働きながらでも取得を目指せる資格を紹介します。

介護助手デビューしてから取ると良い資格は?

無資格・未経験からでもOKなことが多いのが、介護助手の魅力です。
そのまま働き続けても良いですが、介護職が自分にあっていると感じたら、資格取得を検討してみてもいいかもしれません。

理由はもちろん、メリットがあるからです。
資格を取得すると、

  • 資格手当が付く(事業所による)
  • 身体介護など、できる仕事が増える

はじめての介護系資格でおすすめなのは、「介護職員初任者研修」
初任者研修と呼ばれるこの資格は、取得難易度が低めで挑戦しやすいです。

無資格より求人にも強くなりますよ。
通信なら、働きながら無理なく取得できます。

身体介護もできるようになるので、仕事の幅が広がります。

次におすすめなのが「実務者研修」

初任者研修よりも専門的な知識を身につけられる分、難易度は少し高くなります。

しかし初任者研修取得者でないと受講できないという決まりはありません。
初任者研修の内容は実務者研修にも組み込まれているので、実務者研修から始める場合はダブル受験するイメージです。

その場合は、初任者研修取得者よりも長い研修(450時間)が必要になりますが、はやく介護の知識を身につけたい人は挑戦してみてもいいかもしれません。

実務者研修は介護福祉士資格試験を受けるときにも必要です。
長く介護職として働きたいと考えている人は、将来どんな働き方をしたいか考えてみると、目指す資格がみえてきますよ。

持っている資格が、昇進や転職に有利に働くこともあります。

↓初任者研修と実務者研修の詳しい試験内容・取得メリットはこちらで解説しています。


まとめ:介護助手は介護現場を陰で支える存在

介護助手は、経験・資格がなくてもはじめられる「介護職入門」にぴったりの仕事です。

「働く前に資格を取ったけれど、いざ働いてみたら自分にあわなかった」となると、もったいない気持ちになるかもしれませんよね。

まずは介護助手として働いてみて、介護の仕事や、現場の雰囲気を体感する期間をつくってみてはどうでしょうか。

介護士の先輩たちの仕事を見るのも勉強になりますよ。

短時間勤務が可能な事業所も多いので、スキマ時間の活用にもオススメです。

未経験でも焦らず、必要だと感じたら、資格取得も目指してみるといいでしょう。

介護職入門なら「介護助手」募集をチェック!どんな仕事?資格は必要?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

「ヘルパー2級」資格は「初任者研修」に変更に!影響は?仕事は変わる?

初任者研修って、何ですか? 研修ってついてますけど…… ユマケア編集部 初任者研修は介護の入門資格ですよ! 興味があるん…

漫画・安全か?プライドか?

漫画「安全か?プライドか?」(ゆるゆらり)

ユマケア編集部 ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク。」で知られるゆるゆらりさん。 介護職の役割…

漫画「介護施設の利用者さまの幻聴幻覚がなくなった理由」

漫画「介護施設の利用者さまの幻聴幻覚がなくなった理由」(pinky)

初めまして。 「家事ときどき介護~介護も一息、今度は育児!?~」という漫画ブログを描いている、pinkyと申します。 1…

【高齢者とのコミュニケーション】ポイントや注意することは?

高齢者とのコミュニケーションで大切なポイントは、「聞くこと」と「話すこと」。 特に話し方は、【言語】【準言語】【非言語】…

【ケアマネージャーの選び方】どう付き合う?途中で変更はできるの?

数多くある居宅介護支援事業所からケアマネジャーをどのような基準で選んだらよいのでしょうか。 ケアマネジャー次第で要介護者…