介護ボランティアに参加資格はある?活動内容や申し込み方法は?

特別な資格や経験なく始められる介護ボランティアは、社会の役に立つだけでなく自身の心も豊かになります。

親身に話を聞いてくれる姿は、高齢者の心のよりどころのような存在です。

地域交流や介護サービスの質の向上につながる介護ボランティアを始めてみませんか。

初めて介護ボランティアに携わる人にもわかりやすく、活動内容や申し込み方法などを解説します。

生活を豊かに! 介護ボランティアの目的や活動内容とは?

介護ボランティアの活動の場は、老人ホームやデイサービス、グループホームなどの施設から、地域の憩いの場で開催される介護予防教室や配食サービスまで多岐に渡ります。

その中でも介護施設での活動は、個人を対象にした支援からレクリエーションなどの集団への支援まで幅広い内容です。

介護ボランティアの活動目的も合わせて確認して、活動内容について理解を深めましょう。

利用者の心のよりどころ…介護ボランティアの活動目的とは?

利用者の生活をより豊かにする介護ボランティアの活動目的は、次の2点です。

地域社会との交流を持ってもらう

施設によっては外出できない利用者も多くいます。

地域社会との交流が途絶えて、日常に変化なく過ごす日が続けば、認知機能にも悪影響です。

介護ボランティアはそんな利用者の話し相手にもなり、外出できなくても地域社会との交流が可能になります。

個人の介護ボランティアだけでなく、演奏会などのレクリエーションを提供するボランティアの活動は、利用者の楽しみや生きがいにもつながります。

サービスの質の向上

介護スタッフは業務に追われて、ゆっくり利用者の話を聴く時間を確保できないことがあります。

介護ボランティアによる傾聴は、利用者の精神的ケアをカバーする大きな役割があります。

施設に入所する利用者の精神的ケアが充実し、サービスの質の向上につながるのです。

個別対応での活動内容

介護ボランティアの利用者個別的に行う活動内容は、次の通りです。

  • 傾聴
  • 散歩
  • 囲碁や将棋などレクリエーションの相手
  • 新聞や本の朗読

専門職による傾聴ではなく「気軽に話せる相手」としての介護ボランティアの傾聴は、利用者に安らぎを与えます。

その他にも一緒に散歩したり、将棋の相手をしたりして有意義な時間を過ごせます。

時間や業務に追われる介護スタッフに比べて、ゆったりと活動できるのが大きなメリットです。

レクリエーションでの活動内容

介護ボランティアによっては集団でレクリエーションを提供します。
集団での活動内容は、次の通りです。

  • 演奏会
  • マジック
  • 手芸講座
  • フラワーアレンジメント など

演奏会などの出し物は日常の中でも特別感があり、心待ちにする利用者も多いです。

ボランティアに参加する人の特技を活用できるため、お互いに有意義な時間を過ごせます。

手芸など趣味を生かした教室や講座は、手先のリハビリにもなって人気の活動です。

業務補助での活動内容

介護ボランティアは、身体的なケアは提供できません。

そのため、介護施設での業務補助としての活動内容は、次の通りです。

  • お茶入れ
  • 折り紙などの準備
  • 清掃
  • 園芸 など

シンプルな内容ですが、これらの業務を通して利用者とのコミュニケーションが活発になることもあります。

また、介護ボランティアの業務補助で介護スタッフに余裕が生まれ、利用者へのケアが充実する好循環が生まれます。

そのため、介護ボランティアの業務補助は施設のサービスの質を高めることにつながっています。

介護ボランティアに参加資格は必要? 申し込み方法と制度の活用

介護ボランティアの活動には、何か専門的な資格が必要なのでしょうか。

そこで、条件や申し込み方法、利用できる制度を確認してみましょう。

特別な資格は必要なし! 条件を確認しよう

介護ボランティアの活動では、特別な資格は必要ありません。

しかし、年齢や動機などの条件を設けている場合があります。

条件は必ず確認して申し込みましょう。

市区町村社会福祉協議会・市民活動センターが窓口

介護ボランティアの申し込み窓口は、各市区町村に設置された社会福祉協議会のボランティアセンターや市民活動センターなどです。

その他にもNPO法人のボランティアセンターや介護施設・病院独自で介護ボランティアを募集する場合もあります。

申し込みが完了しボランティア登録をすれば、活動開始です。

必要に応じてボランティア保険に加入する場合もあります。

介護ボランティアの支援のポイント! 注意点を守ろう

利用者も介護ボランティアもお互いに嫌な思いをせずに、有意義な時間を過ごすためには接遇やマナーなど基本の心得や注意点を守ることが必要です。

必ず確認してから、ボランティアをはじめましょう。

介護ボランティアの心得

介護ボランティアの基本の心得は、次の通りです。

  • 自分の意思で行う
  • 自分のためではない
  • すでにある価値観や発想にしばられない
  • 主従関係ではなく平等な立場で活動する

ボランティアは、自分の意思で自発的に活動することが重要です。

また、ボランティアを通してさまざまなことが得られますが、あくまでも相手のためになることを考えて行動しましょう。

介護現場では交流を通して、さまざまな価値観を学べる場でもあります。

現在の自分の価値観や発想にしばられず、相手のためになることを選択します。

「何かをしてあげる」というよりは「相手のために一緒に楽しむ」姿勢が重要です。

基本の心得を忘れずにボランティアに従事しましょう。

介護ボランティアの接遇とマナー

介護ボランティアも介護スタッフと同じく接遇やマナーはきちんと守りましょう。

介護ボランティアの活動では、次のような点に注意してください。

  • 言葉遣いや服装に注意する
  • 認知症の高齢者の対応を身につけておく
  • 体調管理に気をつける
  • 分からない点や気になる点は介護スタッフに必ず確認
  • 報告連絡相談を忘れずに
  • 身体的なケアはしない
  • 個人情報を保護する
  • 保険加入を検討する

人を対象にする介護現場なので、言葉遣いや服装には注意が必要です。

丁寧で相手を敬う言葉遣いを心がけましょう。

服装は自由に決められている場合も多いですが、ポロシャツにチノパンなどのシンプルで動きやすい服装がベストです。

そして、人を対象にする現場なので、介護スタッフと連携せずに勝手に活動するのは危険です。

健康な高齢者とは状況が異なるので、転倒や病気の症状悪化など大きな事故を招く恐れがあります。

必ず報告・連絡・相談を怠らないようにしましょう。

また、利用者によっては「車椅子を押してくれる?」「トイレに連れてってくれる?」とスタッフと間違えて頼みごとをされることもあります。

介護ボランティアは身体的ケアはできないため「代わりを呼んできますね」と声をかけてから介護スタッフにその旨を伝えましょう。

注意点を守っていても、事故は起きてしまう場合があります。

万が一の事態に備えて、ボランティア保険の加入をおすすめします。

ボランティアによっては、保険の加入が義務付けられている場合もあります。

介護ボランティアの導入事例は? 活動内容や募集事項を見てみよう

実際に介護ボランティアを導入する市区町村での活動内容や募集事項をご紹介します。

市区町村が扱う介護ボランティアは、体制がきちんと整備されていて初心者でも安心して取り組めます。

東京都墨田区、東京都新宿区、神奈川県横浜市の導入事例を確認してみましょう。
参照:介護相談員派遣等事業について

東京都墨田区の介護ボランティアとは?

東京都墨田区の介護ボランティアは、有償ボランティアです。

独自に介護支援ボランティア制度を設けています。

対象者 65歳以上で介護サービスを利用していない区民の方
活動内容 施設での活動がメイン。

  • レクリエーションの補助
  • 利用者の話し相手
  • 行事の手伝いなど
登録方法 各施設と市区町村の介護保険課で受付。
報酬など 登録時に渡される活動記録表に押されたスタンプの数でポイントが得られる。1ポイントを100円に換算して20,000円を限度に活動交付金が受け取れる。

参照:介護支援ボランティアを募集します:墨田区公式ウェブサイト

東京都新宿区の介護ボランティアとは?

東京都新宿区の介護ボランティアも有償ボランティアですが、対象年齢が幅広いのが特徴です。

また、介護施設でのボランティアに限らず、家族会の運営や地域の見守り隊など幅広い分野で活動ができます。

対象者 18歳以上で、区内在住、在勤、在学、区内で活動する方
活動内容
  • 区内介護保険施設等でのボランティア活動
  • 地域見守り協力員活動
  • ちょこっと・暮らしのサポート事業のうち、高齢者を対象とした30分程度の無償活動
  • 家族会の運営活動
  • 認知症介護者家族会の運営活動
  • 地域安心カフェの運営活動
登録方法 新宿区社会福祉協議会で受付。
報酬など 区内の介護保険施設等や地域でのボランティア活動を行った際にポイントが付与され、貯まったポイントを年間50ポイント(=5千円)を上限に換金又は寄附することができる。

参照:介護支援ボランティア・ポイント事業:新宿区

神奈川県横浜市の介護ボランティアとは?

神奈川県横浜市では、よこはまシニアボランティアポイント事業を展開しています。

シニアボランティア登録者数が18,000人を超え、介護ボランティアの活動が定着しています。

対象者 65歳以上の高齢者
活動内容
  1. 特別養護老人ホームやグループホームなどの施設での活動
    • レクリエーションの補助や指導
    • 利用者の話し相手
    • 行事の手伝い
    • 入浴や食事介助の補助的な作業
    • 清掃
  2. 地域ケアプラザなどで行う高齢者を対象とした配食・会食サービスでの調理や配達
  3. 介護予防事業への参加
登録方法 かながわ福祉サービス振興会で受付。
報酬など 1回の活動で200ポイント付与。年間8,000ポイントまで。1ポイント1円に換算して活動金を受け取れる。

参照:よこはまシニアボランティアポイント事業:横浜市 健康福祉局高齢健康福祉部 高齢者福祉の案内

介護相談員制度を活用したボランティアも

介護相談員制度とは、市区町村に登録された介護相談員が施設などに出向き、問題の改善や介護サービスの質の向上につなげる取り組みです。

利用者の不安や不満などを聴き、市区町村や介護保険事業所に内容を伝えます。

目的が明確化されているため、介護ボランティアに初めて従事する場合におすすめです。

利用者と保険者である市町村をつなぐ役割があるため、やりがいのあるボランティア活動と言えますですね。

介護ボランティアで高齢者と楽しいひとときを過ごそう

介護ボランティアは、利用者の話し相手や行事の手伝いなど幅広い活動内容です。

介護ボランティアにしかできない精神的ケアによって、介護サービスの質の向上にもつながります。

視野の広がる活動が魅力の介護ボランティアは、地域へ貢献するきっかけになります。

窓口は、社会福祉協議会のボランティアセンターなどです。

元気な高齢者が活躍できる場でもあるので、ぜひ活用してみてください。

介護ボランティアに参加資格はある?活動内容や申し込み方法は?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

サイト内を検索する