訪問介護員の仕事とは?資格はいるの?

訪問介護員(ホームヘルパー)は介護が必要な方の自宅に訪問し、介護をはじめとする利用者の手助けを行います。

字面からもイメージが付きやすい訪問介護員の仕事ですが、実際の現場ではどのような業務が行われているのでしょうか。
また、訪問介護員になるためには資格は必要なのでしょうか。

今回は訪問介護員の仕事内容、訪問介護員になる方法、訪問介護員の給与など詳しく解説していきます。

訪問介護員の仕事内容とは?

訪問介護の仕事内容は大きく分けて、「身体の介護」「生活の援助」「乗降介助」の3つがあります。

これらの介護は利用者の自立支援、生活をする上の快適さにつながります。

しかし、全ての事を介護職員がやったり、利用者に指示をしてばかりではなく「一緒に行う」という視点を持つことが介護の現場では重要視されます。

利用者の身体の介護

介護員と聞くとはじめに思い浮かぶのは身体の介護ではないでしょうか。
身体の介護では利用者の排泄、着替え、入浴など実際に身体に触れて行う介護です。

入浴の際に背中や足など手を回しづらい部位を洗浄したり、衣類の着脱の補助をしたりと介助を行うタイミングは多岐にわたります。

利用者が自力でできない動作を補助することで快適に過ごせるようにします。

利用者の生活面の援助

生活面の介護は利用者の身の回りの援助を行います。
身体の介護は直接触れて行いますが、生活面の介護では身体に触れないものを指します。

主に衣食住に関わること日常生活をする上で欠かせないものが上げられます。
例えば、洗濯、調理、掃除、ベッドメイキングといった介助を行います。

利用者によって生活にはそれぞれ特徴があるため、その家庭に合った方法を把握することで、介護員と利用者が快適に過ごすことができます。

通院の際の乗車・降車の介助

利用者の方が通院を必要とする際には、介護員が車を運転し、病院へ送迎する場合があります。

特に乗車・降車の際に転倒の恐れがあるため、介護が必要です。

利用者を含む家族のメンタルケア

利用者の生活をより快適にするための介護が主な仕事ですが、その一方で利用者のメンタルケアも介護員に求められるスキルです。

介護が必要になると、利用者の心には様々な不安や悩みが生じます。

  • 自分の生命、健康の不安
  • 社会活動の場が少なくなり、人間関係が小さくなる
  • やりたいことが思うようにできない、自己実現が難しくなる

このように、自分の思い通りにいかない状態が続くことで利用者にもストレスが生じてしまうのです。
今まではできていたことも諦めてしまい、頼り続けるようになると介護の負担が増えてしまいます。

これらは介護員が適切に対応することでできるだけ防ぐことが可能です。

利用者のことを尊重し、自分で行動し続ける気持ちを持たせるメンタルケアが必要になります。

利用者が意欲を引き出してくれるような言葉がけや、失敗したときも元気付けることが大切です。

介護福祉士との違いとは?

訪問介護員と介護福祉士の仕事内容は似ているものの、仕事の領域に大きな違いがあります。

介護福祉士は介護福祉資格の中で唯一の国家資格であるため、その仕事内容は多岐にわたります。

訪問介護員と同様に「身体の介助」「生活の介助」からケアワーカーという介護現場の責任者を務める場合もあります。

一方訪問介護員は主に訪問介護を行う仕事です。
サービス付き高齢者住宅といった施設での勤務では、介護福祉士の指示に従って介助を行う必要があります。

そのため、訪問介護士より介護福祉士の方が活躍できる場数は多いと言えます。

訪問介護員になるには?資格が必要?

訪問介護員の業務は、利用者の生活に欠かせない介助を多岐にわたって行います。

利用者の生活や生命に関わる仕事のため、無資格で行うことは現実的に難しいのです。

それでは訪問介護員として業務を行うためにはどのような過程が必要なのでしょうか。

介護職員初任者研修を修了する

訪問介護員になるためには「介護職員初任者研修」を修了する必要があります。

既にホームヘルパー2級を取得していた方は介護職員初任者研修を修了しているとみなされるため、取得の必要はありません。

130時間のカリキュラム

介護職員初任者研修は、自宅で行う学習と、研修の実施校で行う学習を合わせて130時間のカリキュラムが設けられています。

また各カリキュラムの終了ごとに筆記試験を受ける必要があります。

これらの試験は振り返りの内容になっているため、難易度は高くなくリラックスして受けられる内容です。

また、実施校によっては土日通学、夜間通学、短期通学があり、自分に合ったスタイルを選択することができます

介護職員初任者研修の費用

介護職員初任者研修の費用は実施校によって大きく異なります。

ネットでは平均的に5~10万円程度の費用が多いです。
また、実施校が運営している施設で一定期間勤務することを条件に、研修費用を負担、または無料になる場合もあります。

時期によってはキャンペーン割引を取り入れている場合もあるため、受講する際にはできるだけ多くの実施校を調べておくことが大切です。

また、実施校によって価格は違うものの、カリキュラムは同じものなので、安いからといって質が下がってしまうということはありません。

その後のキャリアアップは?

訪問介護員のキャリアアップについて簡単に解説します。

実務者研修
一般的に介護職員初任者研修の次に目指すべき資格です。
介護福祉士になるために基本知識や技術を学ぶために設けられた研修です。

実務者研修を修了するためには450時間の受講が必要になります。
介護職員初任者研修を修了していれば120時間の免除が適応されます。

介護福祉士
実務者研修を修了し、3年以上実務経験があると、国家資格である介護福祉士に受験をすることができます。

他にも専門学校や、福祉系の高校を卒業することで介護福祉士を取得することができます。

合格率は2017年で70.8%と低くはないですが、試験に向けての対策は必要といえるでしょう。

認定介護福祉士
介護福祉士として5年の実務を経験すれば、キャリアパスの最上位である認定介護福祉士を受講できます。

介護福祉士と違い認定介護士には試験は設けられておらず、研修を受講し、申請が受理されることで取得ができます。

認定介護福祉士の取得者は現段階でとても少ないことから、その待遇面は定められていません。
しかし、キャリアパスとして最上位であることや、今後介護員の需要が高まるという点から考えると認定介護福祉士の需要はさらに期待できるでしょう。

訪問介護員の待遇は?

ここまで訪問介護員の仕事に関する点を解説してきました。
様々な研修を経て訪問介護員になればどのような待遇があるのでしょうか。

訪問介護員の平均給与

介護職員初任者研修を修了し、訪問介護員になった場合の平均月収は下記の通りです。

  • 月給の人:191,751円
  • 日給の人:8,840円
  • 時給の人:1,289円

訪問介護員の給与は他の業種と比べると高いとはいえませんが、近年では超高齢社会に伴い介護員の人手不足が目立っています。

そのため、常に求人がある状態なので職に困ることは無さそうです。
また、介護員として経験を重ねることで役職が上がれば給与が上がることも見込めます。

参考:公益財団法人 介護労働安定センター

働き方の自由度が高い

訪問介護員の契約形態は社員・契約社員・アルバイト・パートと様々あります。
そのため自分にあった働き方ができるという利点があります。

特にパートという雇用形態であれば自分に合った時間のみ働くことが可能なため、育児やダブルワークと両立をして働くことができます。

自分のライフスタイルに合った働き方をできるのは訪問介護員の大きな魅力です。

まとめ

今回は訪問介護員の仕事内容から、訪問介護員になるまでの必要課程をご紹介していきました。

晴れて訪問介護員になった後は様々なキャリアアップの道が開いていきます。
介護職ではキャリアごとに必要な研修や資格が設けられていることが分かったと思います。

今後どのようなキャリアスタイルを築いていくか明確にすることで、モチベーションを高く維持したまま成長していくことができるでしょう。

訪問介護員の仕事とは?資格はいるの?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

サイト内を検索する