介護保険料って何?いつからいくら払うの?

介護保険制度は高齢化に伴い2000年に施行された社会保険制度です。

介護保険料は年齢によって徴収される方法が異なります。
ここでは介護保険料がいつから、どのような方法で徴収されるのか紹介していきます。

介護保険料はいくら払う?

「介護」はすべての人にとって身近な問題となる可能性があります。
自分の老後、あるいは家族に介護が必要となったときに、地域社会でサポートするしくみが介護保険制度です。
では、介護保険の保険料はいつから払うのでしょうか?

介護保険料とは、介護保険の被保険者が支払う保険料のことです。
介護保険制度を運営する保険者である地域包括支援センターが、被保険者となる40歳以上の国民から保険料を徴収し、サポートが必要となった時に給付してくれます。

それにより、実際にサポートが必要となった時の介護負担額を、全体の1割程度におさえることができるようになります。
残りの負担額は、40歳以上のすべての国民の保険料と公費でまかなわれます。
保険料と公費の負担額の比率は1:1です。

公費の内訳は国、県、市町村が負担し、あとの保険料の内訳は、第1号被保険者と第2号被保険者によって負担割合や納め方が変わってきます。

第1号被保険者:65歳以上の方
第2号被保険者:40歳から64歳の方

負担割合については下記を参照ください。

介護保険料の負担割合
保険料 約50%
公費 約50%
65歳以上の保険料 40歳から64歳の保険料 市町村の負担金 県の負担金 国の負担金
23% 27% 12.5% 12.5% 25%

このように、地域社会の一員として要介護者を支え、将来自分や家族に必要となる介護に備えて40歳になると介護保険料が義務化されます。

また、介護保険制度は、3年後ごとに見直しが行われて改定されます。
年々要介護・要支援者が増えているため、改定される度に保険料も上がっています。
では、実際にいくら払えばいいのでしょうか?

第1号被保険者である65歳以上の方の保険料は、保険者である地域包括支援センターにより定められるため市町村ごとに違いますが、全国平均は月に5800円ほどです。

第2号被保険者である40歳から64歳の方は、加入している公的医療保険ごとに介護保険料率が違います。
公的医療保険には、サラリーマンなどが加入する被用者保険(健康保険組合、協会けんぽ、共済組合)と自営業や退職している方が加入する市町村の国民健康保険があります。

収入により大分幅はありますが、全国平均では月に5700円ほどです。
そのうち半分は、事業所や国が負担することになるので2800円ほどになります。

次に、第1号被保険者と第2号被保険者について説明します。

40歳から第2号被保険者として負担します

すべての国民は、40歳になると介護保険の加入が義務付けられ、保険料を納める必要があります。
そのなかでも第2号被保険者は40歳から64歳までの方が対象となります。

40歳から介護保険の加入が義務付けられるのは、脳卒中や認知症など老化に起因する疾患に罹患し介護が必要となる可能性が高くなるためです。

また、働き盛りであるこの頃に、高齢となった両親を介護するため仕事を辞めざる負えない「介護離職」も問題となっています。
家族に介護が必要となった時に介護サービスを利用することで、介護に要する時間や費用などの負担を軽減して、介護離職を減らす意図もあります。

介護保険に加入しても、サービスが受けられるのは原則第1号被保険者のみです。
しかし、老化に起因する一部の疾患では、第2号被保険者でも介護保険のサービスを受けられるようになります。

第2号被保険者の方は、加入している公的医療保険によって保険料や納め方が違います。

給料から天引き

職場の健康保険組合、共済組合、協会けんぽの医療保険に加入している方の介護保険料は、事業主と折半されてから給料より天引きされます。
給料明細を確認すると、医療保険にプラスして一括徴取されていたり、介護保険の欄に記入されているはずです。

市町村の国民健康保険に加入している方の介護保険料は、国民健康保険料や後期高齢者支援金と同じうように世帯ごとで算出され、国と折半されてから世帯主が納めます

介護保険料の計算方法

1.職場の医療保険に加入されている場合は給与から徴収
各医療保険に設定されている「介護保険料率」×「標準月額報酬」や「標準賞与額」

2.市町村の国民健康保険に加入されている場合は世帯ごとに徴収
前年の所得に応じて算出される「所得割」、一定以上の所得があれば同じ税額を負担する「均等割」、全世帯が平等に負担する「平等割」、世帯の資産に応じて算出される「資産割」などから市町村が組み合わせて計算

65歳になると介護保険料の給料からの天引きはなくなる

40歳になると給料から天引きされる介護保険料ですが、第1号被保険者となる65歳を過ぎると、直接市町村へ納めることになります。
そのため会社勤めをしていても給料からは徴収されなくなります。

次に、65歳以上についての介護保険料の計算方法や納め方についても説明します。

65歳以上は第1号被保険者として負担します

65歳以上になると第1号被保険者となります。
第1号被保険者になると、介護保険料の計算方法や納め方が変わります。

年金天引き

第1号被保険者の介護保険料は、原則年金から天引きされて市町村が徴収します。
これを特別徴収といいます。
年額18万以上の老齢・障害・遺族年金を受給している方は、自動的に年金より天引きされるため手続きは不要です。

年度途中で65歳になった方やほかの市町村から転居した方は、年金からの引き落とし手続きが整うまでの猶予期間として、半年ほど納付書や口座振替による納付になります。
これを普通徴収といいます。

年金の受給が年額18万円未満の方も普通徴収です。

介護保険料の計算方法

第1号被保険者の介護保険料は、厚生労働省の出した算定基準から市町村によって基準額と段階が決まるため、お住まいの市町村によって違います。

基準額は、市町村ごとに介護サービスはどのくらい利用されるかを想定して、3年毎に算定されます。

第1号被保険者1人あたりの基準額=市町村で想定された介護サービスにかかる費用のうち第1号被保険者が負担する割合(23%)÷市町村にお住いの65歳以上の人口

さらに基準額をもとに、1人1人の収入や市民税の課税状況を考慮して、介護保険料が決められます。
例として八王子市では14段階に区分分けされています。
下記の表を参考にしてください。

 

所得段階 課税非課税の有無 対象になる方 算定方法 保険料年額
第1段階 本人が市民税非課税 1.生活保護受給者の方
2.老齢福祉年金の受給者で世帯全員が市民税非課税の方
3.世帯全員が市民税非課税で本人の課税年金収入額と合計所得金額の合算額が80万円以下の方
基準額x0.3 19,500円
第2段階 本人が市民税非課税 世帯全員が市民税非課税で本人の課税年金収入額と合計所得金額の合算額が80万円超、120万円以下の方 基準額×0.50 32,400円
第3段階 本人が市民税非課税 世帯全員が市民税非課税で第1段階、第2段階に該当しない方 基準額×0.70 45,400円
第4段階 本人が市民税非課税 世帯に市民税課税の方がいて本人の課税年金収入額と合計所得金額の合算額が80万円以下の方 基準額×0.90 58,400円
第5段階 本人が市民税非課税 世帯に市民税課税の方がいて第4段階に該当しない方 基準額 64,900円
第6段階 本人が市民税課税 合計所得金額が120万円未満の方 基準額×1.15 74,600円
第7段階 本人が市民税課税 合計所得金額が120万円以上200万円未満の方 基準額×1.30 84,400円
第8段階 本人が市民税課税 合計所得金額が200万円以上300万円未満の方 基準額×1.45 94,100円
第9段階 本人が市民税課税 合計所得金額が300万円以上350万円未満の方 基準額×1.75 113,600円
第10段階 本人が市民税課税 合計所得金額が350万円以上500万円未満の方 基準額×1.75 113,600円
第11段階 本人が市民税課税 合計所得金額が500万円以上700万円未満の方 基準額×1.90 123,300円
第12段階 本人が市民税課税 合計所得金額が700万円以上1,000万円未満の方 基準額×2.15 139,500円
第13段 本人が市民税課税 合計所得金額が1,000万円以上1,500万円未満の方 基準額×2.40 155,700円
第14段階 本人が市民税課税 合計所得金額が1,500万円以上の方 基準額×2.65 172,000円

参考:八王子市役所

介護保険料が支払えない時

介護保険料を滞納すると、いざ介護サービスが必要となった際に負担になってしまいます
介護保険料の免除や減免、滞納について紹介します。

滞納するとどうなるの

介護保険料の支払いができない特別な事情もなく滞納していると、自己負担額が増額したり介護サービスが受けられなくなったりすることがあります。
負担する内容は、滞納した期間により決められています。

納付期限が1年過ぎると、介護保険サービスが必要となった時に利用料の全額を支払わなければいけません
支払った保険料の7~9割は、あとで市町村より払い戻しできます。

1年半滞納すると、市町村より払い戻される予定の給付金の一部、あるいは全額が差し押さえとなります。
また、差し押さえとなった給付金から滞納された保険料が差し引かれてしまうこともあります。

2年以上滞納すると、介護サービスの自己負担額が1~3割から3~4割に増額され、高額な介護サービスが受けられなくなってしまいます。

納付期限を過ぎても納付されないと督促状が届きます。
滞納遅延金が発生する市町村もありますので、すぐに支払いましょう!

また、介護保険料は免除や減免できることもありますので、お住まいの市町村の窓口へ相談してくださいね。

滞納する前に免除出来ないか相談を

介護保険料が不要となるのは以下の方です。

  1. 住民票が日本国内にない海外居住者
  2. 身体障害者療養施設など介護保険適用除外施設の入所者
  3. 在留資格1年未満の外国人

市町村が定めた規定により違いますが、免除できる可能性があるのは以下の方です。

  1. 収入や資産が規定以下となり生活が苦しい場合
  2. 災害や震災によって住宅や家財が損害を被った場合
  3. 被保険者と世帯を同じとして生計を支える者が障害や長期の入院、死亡、失業などにより著しく収入が減少した場合
  4. 刑務所などに1か月以上留置された場合

それぞれ災害証明書、入院証明書、診断書、死亡証明書、離職証明書、雇用保険受給資格者証などが必要となる場合があります。

減免できる可能性があるのは以下の方です。

  1. 世帯全員の住民税が非課税である
  2. 健康保険の扶養に入っていない、あるいは扶養者が非課税である
  3. 介護保険を滞納していない
  4. 生活保護を受給していない
  5. 世帯収入や貯金などの資産が市町村ごとで定められた上限額を超えていない

免除の申請が通ると、申請月から翌年3月まで免除されます。
収入や資産がわかる給与明細や預貯金、年金等支給決定通知書などが必要となります。

第2号被保険者のうち、医療保険上夫の扶養となっている専業主婦は夫の保険料でまかなわれています
また、産前産後や育児休業期間中は、事業主が届けを保険者へ提出すると免除されます。

介護保険サービスを受ける時

介護保険に加入して支払った介護保険料は、介護が必要となった時に介護サービスとして受けることができます。

介護保険での介護サービスを受けられる方は以下になります。

  1. 65歳以上の第1号被保険者
  2. 脳血管疾患、パーキンソン病、末期の癌など16の特定疾患に罹患した40歳から64歳の第2号被保険者

介護や支援が必要となれば、市町村の地域包括支援センターに申請して要介護認定を受ける必要があります。
認定調査書を使った訪問調査や専門家による審査会などを経て、要支援と要介護の7段階に区分されます。

要介護認定を受けると、ケアマネジャーにより介護サービス計画書が作成され、必要な介護サービスや介護給付を受けられるようになります。

自己負担額はそれぞれの年間収入によって違い、介護サービスの金額のうち1~3割負担です。

介護サービス費の負担割合が一部2割から3割に変更

2018年の法改正で一定以上収入がある方の自己負担割合が増えました。

自己負担額が増えるのは、第1号被保険者の方で年金などの年間収入が夫婦世帯で463万円以上、または単身世帯で340万円以上の人です。
今までは2割負担でしたが、改定後は3割負担に変更されています。

下記の表を参考にしてください。

合計所得額 自己負担割合
2人以上世帯 単身世帯
463万以上 340万以上 3割
346万以上 280万以上 2割
346万未満 280万未満 1割

介護保険料のまとめ

介護保険法は3年ごとに見直されていますが、改定される度に保険料が増えています。
40歳を過ぎると生涯払い続けなければならない介護保険料は負担ですね。

しかし自分や家族が要支援・要介護状態になり、手すりなどのリフォーム、車いすや介護ベッドなどの福祉用具、リハビリ、訪問介護や訪問看護が必要になった時、介護保険制度が心強い味方になってくれます。

さらに今後も高齢化がすすみ、核家族、単身世帯が増えることが予測されるため、ますます重要となります。
介護保険制度は、地域の一員として高齢者を支えるとともに、自分や家族が安心した老後を迎えるためにとても大切な制度です。
保険料を滞納しないように注意したいですね。
介護保険料の支払いが難しい方は、忘れずに免除申請してください。

確定申告で控除される介護保険料は、介護保障保険や介護費用保険などの民間の保険です。
間違わないようにしましょう!

介護保険料って何?いつからいくら払うの?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

「ヘルパー2級」資格は「初任者研修」に変更に!影響は?仕事は変わる?

初任者研修って、何ですか? 研修ってついてますけど…… ユマケア編集部 初任者研修は介護の入門資格ですよ! 興味があるん…

漫画・安全か?プライドか?

漫画「安全か?プライドか?」(ゆるゆらり)

ユマケア編集部 ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク。」で知られるゆるゆらりさん。 介護職の役割…

漫画「介護施設の利用者さまの幻聴幻覚がなくなった理由」

漫画「介護施設の利用者さまの幻聴幻覚がなくなった理由」(pinky)

初めまして。 「家事ときどき介護~介護も一息、今度は育児!?~」という漫画ブログを描いている、pinkyと申します。 1…

【高齢者とのコミュニケーション】ポイントや注意することは?

高齢者とのコミュニケーションで大切なポイントは、「聞くこと」と「話すこと」。 特に話し方は、【言語】【準言語】【非言語】…

【ケアマネージャーの選び方】どう付き合う?途中で変更はできるの?

数多くある居宅介護支援事業所からケアマネジャーをどのような基準で選んだらよいのでしょうか。 ケアマネジャー次第で要介護者…