介護技術の基本をチェック!おすすめの学び方は?

「身近な人に介護が必要になったけれど、介護未経験で基本的な介護技術さえわからない…」
「介護技術の基本をおさらいして、さらに介護技術を上げたい!」

そんな方に向けて、この記事では移乗・移動、食事、トイレなど基本的な介助の方法介護技術をさらに学ぶためにおすすめの方法をご紹介します!

介護の基本!ボディメカニクスをみにつけよう

「介護は重労働で、腰が痛くなりそう」とマイナスのイメージを持っていませんか?

最近では、「持ち上げる介護」から「持ち上げない介護」へと考え方が変わってきています。

持ち上げない介護は、介助者の負担を軽減するだけではありません。
安定した介助ができるため、要介護者に不安や苦痛を与えずに済みます。

特別なロボットや道具を使わなくても、身体の使い方次第で、介助者の負担を軽減できます。
その方法が、「ボディメカニクス」です。

そこで、介護の基本である「ボディメカニクス」を身につけて、介助者の負担を減らしましょう。

ボディメカニクスの基本

ボディメカニクスとは、身体の動きに力学の原理を応用した技術です。

より小さな力で安全かつ効率よく介助ができる特徴があります。
基本の動作は、次の8つです。

1.支持基底面を広げる
人が地面に接している面を支持基底面と呼びます。
支持基底面が広いほど安定しますので、足を開いて支持する面を確保しましょう。

足を横に開いた場合だけでなく、縦の場合も、支持基底面を広く確保した方が安定します。

ベッドや車いすの移乗の際には、足を開いて支持基底面を広く確保しましょう。

2.介助者の重心を低くする
重心を低くすると、身体が安定して倒れにくくなります。

腰を落とさずに不安定な体勢で、介助すると思わぬ転倒につながる恐れがあるため、注意が必要です。

しっかりと腰を落として重心を低くしましょう。

3.お互いの重心を近づける
重心を低くしたら、要介護者と介助者の重心をなるべく近づけましょう。

なぜなら、重心が近い方が力が伝わりやすくなるためです。
つまり、少ない力で安定した移乗や移動が可能になります。

4.介助者は大きな筋肉を使うよう心がける
小さな筋肉は疲労を感じやすいため、大きな筋肉を使うように心がけましょう。

例えば、太ももの筋肉は、身体の中でも大きな筋肉です。
立ち上がりなどの介助の際は、太ももを意識して使いましょう。

腕の力だけで持ち上げるのではなく、全身を使うイメージであれば、疲労を軽減できます。

5.水平に動かす
移動先の高さが異なると、持ち上げる動作が加わるため、必要以上に体力を消耗します。

そのため、ベッドや車いすの高さを調節し、膝の屈伸動作を利用して、水平に動かす工夫をしましょう。

水平に動かした方が、重力の影響を受けにくくなります。

6.介助者は身体をひねらない
移乗の時など、身体をひねると不安定になるだけでなく、腰に負担がかかります。

移動する先に足先を向けて、身体をひねらずに、膝の屈伸運動で重心を移動させましょう。

7.接地面積を狭くして摩擦を減らす
物や人が何かと触れている部分を接地面積と言います。
接地面積を狭くすれば、摩擦が減るため、小さな力で介助が可能です。

要介護者の腕を胸にあてて、膝を立てるなど身体をなるべく球体に近づければ、摩擦を少なくできます。

8.テコの原理を活用する
力をかける部位を「力点」、力を受ける点を「作用点」、両者を支える点を「支点」と言います。

これらをテコの原理と呼びます。
支点を活用すれば、少ない力で動かすことが可能です。

例えば、ベッドから起き上がる際に、腰を支点にして上半身を起こせば、テコの原理で力が増幅し、少ない力で起こせます。

介助内容によって、1〜8の技術を組み合わせながら、ボディメカニクスを実践しましょう。

【介護技術の基本1.】移乗・移動介助

要介護者の食事や着替え、入浴、排泄など、さまざまな場面で欠かせない動作が「移乗・移動」です。

移乗とは、他に移ることで、移動とは、位置を変えることを意味します。

わかりやすく言えば、ベッドから車いすに移る動作「移乗」で、車いすでテーブルまで行く動作「移動」です。

移乗や移動の介助は、身体介護の基本ですので、ボディメカニクスを十分に活用して負担の少ない介助をしましょう。

日常生活を送る上で必要な基本動作である「寝返る」「起き上がる」「立ち上がる」「座る」「歩く」の5種類の介助ポイントをお伝えします。

移乗・移動介助のポイント

移乗・移動介助の基本のポイントは、次の通りです。

  • 要介護者の残存能力を活かし、自宅の環境に配慮しながら介助する
  • 転倒・転落などの危険を予測して、安全かつ安楽に移乗・移動ができるよう介助する
  • 安心感を与えるために、動作のたびに必ず声をかける
  • ボディメカニクスを活用して、要介護者を無理に動かすのではなく、一緒に行動するように介助する

寝返り介助の方法(仰向け~横向き)

寝返り介助は、移乗以外にも着替えやおむつ交換でも行う基本の介助です。

  1. 寝返りをうつ側に介助者は立ち、要介護者に近づけるようベッドに片膝をつきます。
  2. 摩擦を減らすために、両膝を立てて、腕を胸の前で組んでもらいます。
  3. 膝と肩を抱えながら、手前に倒します。

動作全体で、お互いの重心を近づけて、重心を一緒に移動するように寝返りを介助すると、腰への負担が軽減します。

また、車いすなどへ移乗する場合は、介助をする前にあらかじめベッドサイドに車いすを配置しておきましょう。

起き上がり介助の方法(仰向け~ベッドの端に座る)

ベッドからの起き上がりは、転倒や転落を招きやすいため、注意して介助しましょう。

  1. 要介護者を横向きにしたら、介助者の腕を首の下から差し入れ、片方の腕は膝もしくは腰に添えます。
  2. 要介護者の両足をベッドから下ろします。
  3. テコの原理を活用して、臀部を軸にしながら、頭部が弧を描くように上体を起こします。
  4. ベッドの端に座ったら、倒れないように支えます。

動作全体で、お互いの身体をぴったりと密着させると少しの力で起こすことができます。

ベッドから車いすの移乗介助の方法

ベッドから車いすへの移乗は、無理に持ち上げると腰に負担がかかります。
平行に動かすことを意識しましょう。

  1. 車いすは、ベッドの側面から10〜30度の角度に配置されているか確認します。
    必ずブレーキをかけて、フットレストが上がった状態にしておきましょう。
  2. 要介護者の両足が地面に着くよう、臀部を交互にずらしながら、手前に寄せます。
  3. 要介護者の腕を介助者の肩にまわしてもらいます。
  4. 介助者は、足を大きく開いて、支持基底面を広く確保します。
    腰を落として要介護者の背中に腕をまわします。
  5. 要介護者が前傾姿勢から立ち上がれるように介助します。
  6. 車いすに近い介助者の足を、移乗先の車いすへ向けます。
  7. 要介護者に車いすのアームサポートをつかんでもらい、車いすに座れるよう方向転換します。
  8. 支えながらゆっくりと座ります。
  9. いすに深く座れるように、介助者は背面へ移動し、要介護者の両脇から腕を入れて、抱え込むように引き寄せます。
  10. フットレストに要介護者の足をのせます。

ベッドと車いすを同じ高さに調節することで、移乗の負担が軽減します。
持ち上げるというよりは、平行に動かすイメージで介助しましょう。

また、介助者の身体をひねらないように、移乗先に片足を向けておく動作も、負担を軽減するポイントです。

力任せで、車いすに移乗すれば、腰を痛める原因になりますので注意しましょう。

歩行が不安定な方の歩行介助の方法

移乗が完了したら、次は移動の介助です。
ここでは、歩行が不安定な場合の歩行介助についてお伝えします。

【歩行補助具を使用しない場合】
杖や歩行器を使用しない場合で、ふらつきによる転倒リスクが高い状態では、片手手引き歩行もしくは両手手引き歩行で移動しましょう。

片手手引き歩行では、要介護者の腕と脇を支えながら、歩きます。

必要時、支えていない反対の手で、手すりを掴んで歩くよう、要介護者に伝えましょう。

両手手引き歩行では、要介護者の両肘を下から支えます。
要介護者には、介助者の腕を上から掴むよう伝えましょう。

介助者は後ろ向きに歩くことになりますが、歩行は安定します。

【杖歩行の場合】
要介護者がよく使用する杖には、T字杖(1本杖)4点杖があります。

どちらの杖も、基本的に障害がない側(健側)で使用するので、介助者は杖を持っていない側(患側)に立ちます。

要介護者が転倒する場合、患側から姿勢を崩すため、杖の反対側で支えましょう。

杖を使用して歩行が安定すれば、転倒に備えて見守ります。

杖歩行でも不安定な場合は、患側の脇を支えたり、手すりを活用したり、安全に移動できるよう介助しましょう。

【歩行器の場合】
歩行器にもさまざまな種類がありますが、安定していれば、要介護者の斜め後ろから付き添って見守りましょう。

歩行器の場合も、できるだけ患側に立ちましょう。
突進歩行などが目立つ場合には、歩行器の使用は危険です。

転倒リスクが高い場合には、両手手引き歩行もしくは車いすの使用を検討しましょう。

【介護技術の基本2.】食事介助

食事は、人間にとって生きるための営みであり、楽しみや生きがいにつながります。

身体機能の維持だけでなく、感情を豊かにする「食べることへの支援」は、きめ細やかな配慮が必要です。

そこで、食事介助の基本技術をお伝えしましょう。

高齢者の食事の特徴

高齢者は、咀嚼力や唾液分泌量の低下により、口腔機能が低下しています。

義歯を使用する場合もあり、食べづらさを感じるのが特徴です。

また、飲み込む機能(嚥下機能)にも問題が生じます。
誤って食べ物が肺に入ってしまうこともあり、誤嚥(ごえん)には注意が必要です。

その他にも、胃や腸などの消化吸収機能も低下します。
以上の理由から、高齢者の食事の特徴は、次の通りです。

  • やわらかいものを好む
  • 濃い味付けを好む
  • 乾燥したものは飲み込みづらい
  • みそ汁など固形物と液体の組み合わせでむせやすい
  • 胃もたれしやすい

以上の点を踏まえながら、要介護者の状態に合わせて、食事形態や介助の方法を考えていきます。

食事を始める前にすること

食事介助は、食べ物を口に運ぶ支援だけではありません。
気持ちよく食事の時間を過ごせるような準備が必要です。

  • 排泄を済ませる
  • 机やいす、肘掛けの高さなど食事しやすい環境を整える
  • 唾液の分泌を促すトレーニングなど口腔体操を実践する
  • 手を清潔にする
  • 献立を説明する

きちんと準備をすれば、口腔内だけでなく胃や腸などの消化器官も食事に備えることができます。

食事介助の方法

準備が整ったら、食べ物を口に運ぶ介助をします。

  1. いすに深く腰をかけ、食事しやすい姿勢にします。
  2. 介助者は向かい合うのではなく、隣に座ります。
  3. 食べこぼしがある場合は、エプロンをかけます。
  4. 水分の多いものから食べてもらいましょう。
  5. 主食、副食、お茶などの水分をバランスよく食べてもらいます。
  6. 嚥下を確認してから、次の食べ物を口に運びましょう。
  7. 食事終了後は、摂取量を確認します。
  8. 食後は座って過ごしてもらいましょう。
  9. 落ち着いたら歯磨きなどの口腔ケアをします。

要介護者が食事を楽しめるように、適宜声をかけながら介助しましょう。

食事の時の正しい姿勢

肺炎のリスクを高める誤嚥を防ぐためにも、正しい姿勢での食事が重要です。
安全で安楽な姿勢は、食事を楽しむことにもつながります。

また、離床を促すためにも、なるべくベッドから移動して、食事しましょう。

食べやすい姿勢とは、次のような状態です。

【テーブルといす(車いす)の場合】

  • 腕をテーブルに乗せた時に、肘が約90度に曲がる
  • 前傾姿勢をとれる
  • 深くいすに座り、足が地面にしっかりとついている

上記のような姿勢を保持できるように、テーブルといす(車いす)の高さを調節しましょう。

適切な高さのテーブルやいすがない場合は、座布団やクッションでいすの高さを調節したり、食事トレイの下に本や雑誌を置いて高さを調節したり、身近なもので調節が可能です。

安定した姿勢が保持できない場合は、背もたれや脇にクッションを挟んでも良いですね。

【リクライニング車いすの場合】
リクライニング車いすを利用する場合、背もたれの角度は、約90度が理想です。
しかし、状況によっては約45度〜80度の方が楽に感じます。

要介護者の希望に合わせて、背もたれを調節しましょう。
背もたれを約45〜80度にした場合、頭頸部の後屈には注意が必要です。

誤嚥のリスクが高まるため、頭頸部が前屈するように(顎を引くように)、枕やクッションで調節しましょう。

【ベッドでギャッチアップする場合】
やむを得ず、ベッド上で食事をとる場合は、リクライニング車いすの姿勢をイメージしてベッドの角度などを調節しましょう。

先に足元の高さを上げてから、上体をゆっくり起こします。
ギャッチアップする角度は、約45〜80度が望ましいです。

リクライニング車いすと同じく、頭頸部が前屈するように調節しましょう。

【介護技術の基本3.】トイレ介助

排泄は人間が生活する上で必要不可欠な生理現象です。

排泄を助ける「トイレ介助」は、介護において重要なケアのひとつですので、基本の技術を学んでおきましょう。

トイレ介助のポイント

羞恥心を伴いやすいトイレ介助は、きめ細やかな配慮が必要です。
トイレ介助のポイントをおさえておきましょう。

  • 自尊心を傷つけない
  • 失禁のために水分摂取を控えない(脱水の恐れがあるため)
  • 要介護者の残存能力を引き出す
  • 排泄パターンを把握して、ルーチン化する

自力で行えていた排泄を介助されることは、非常に自尊心が傷つきます。
時間はかかっても、できるところはなるべく行ってもらいましょう。

また、失禁を防ぐためにも、要介護者の排泄パターンを把握しておくことが重要です。

日々の排泄状況を確認して、時間を決めてルーチン化するなどの支援が望ましいでしょう。

排泄方法の種類

排泄の自立を促すためにも、排泄方法はオムツの使用だけに限りません。

要介護者の身体状況に合わせた排泄方法を選びましょう。

トイレ

【特徴】
トイレは、和式よりも洋式の方が、立ち上がりの動作に負担がかかりません。

手すりがあれば、転倒を予防できます。

【向いている人】
要介護者の自立度に限らず、なるべくトイレで排泄を済ませる工夫しましょう。

介助でトイレまで歩ける場合は、なるべくトイレを使用しましょう。
トイレで排泄できれば、自信につながります。

ポータブルトイレ

【特徴】
ポータブルトイレとは、持ち運び式のトイレです。
ベッドサイドに設置できるため、トイレまで移動が難しい場合に役立ちます。

本体と便座、バケツ、バケツの蓋が一体になっています。

【向いている人】
自力で起き上がれるものの、トイレまで移動が難しい場合は、ポータブルトイレを使用しましょう。

日中は通常のトイレ、夜間はポータブルトイレのように、それぞれ使い分けても良いですね。

差し込み式便器と尿器

【特徴】
差し込み式便器と尿器は、どちらもベッド上で寝ながら排泄できる道具です。

排便時は差し込み式便器、排尿時は尿器を使用します。
尿器は女性用と男性用で仕様が異なるため、注意しましょう。

【向いている人】
尿意や便意があるならば、おむつと併用して差し込み式便器や尿器を使いましょう。

オムツ内の湿潤状態は、褥瘡(床ずれ)のリスクを高めます。
なるべく、要介護者の残存能力を生かした排泄方法を選択するように心がけましょう。

おむつ

【特徴】
おむつは、寝たきり状態でも、そのまま中に排泄できるものです。
紙タイプのおむつが一般的で、テープ式とリハビリパンツに分かれます。

おむつと尿もれパットを併用する場合もあります。

【向いている人】
尿意や便意を感じなかったり、伝えられなかったりする場合は、おむつの使用を検討しましょう。

終日テープ式のおむつで過ごすより、日中はトイレに通い、リハビリパンツで過ごせる方が、自立を促せます。

身体状況に合わせて、おむつかリハビリパンツを選択しましょう。

排泄方法別、トイレ介助の方法

排泄方法によって、トイレ介助の方法が異なります。

安全で安楽に排泄行為を行えるよう、介助方法の手順を紹介します。

トイレで排泄介助する方法

  1. トイレまで安全に誘導します。
  2. プライバシーに配慮して、カーテンやドアを閉めます。
  3. ズボンやパンツの着脱などできることは行ってもらいます。
  4. 便器に座り、地面に足がついているか確認します。
  5. 排泄が終わったら知らせてもらいます。
  6. ズボンやパンツを上げてもらい、排泄物の確認をします。
  7. 居室まで安全に戻ります。

リハビリパンツなどおむつを使用していれば、替えのおむつを持っていきます。

また、排泄中は、外で待つなどの羞恥心への配慮を忘れないようにしましょう。
転倒の危険性がある場合は、安全を優先して付き添ってください。

ポータブルトイレで排泄介助する方法

  1. カーテンなどを閉めて、プライバシーに配慮します。
  2. 自力で起き上がれる場合は、起き上がってもらいます。
  3. ポータブルトイレまで安全に移乗します。
  4. ズボンの着脱などできることはやってもらいましょう。
  5. 安全にベッドまで戻ります。
  6. 排泄物を確認して、処理します。

ポータブルトイレで排泄をした場合、放っておくと部屋中に臭いが充満しやすいです。
排泄物は、早めに処理しましょう。

差し込み式便器と尿器で排泄介助する方法

【差し込み式便器の場合】

  1. カーテンなどを閉めて、プライバシーに配慮します。
  2. 便器内にトイレットペーパーを敷いておくと、飛び散りを予防できます。
  3. 仰臥位のまま、ズボンとパンツを脱衣します。
  4. 腰を上げて、便器を臀部に差し込みます。
  5. 陰部にタオルなどをかけて、プライバシーに配慮しましょう。
  6. 腹圧をかけられるようベッドをギャッチアップします。
  7. 排泄が終わったら、知らせてもらいましょう。
  8. ベッドをフラットに戻します。
  9. 陰部を拭き、差し込み便器を回収します。
  10. ズボンとパンツを着衣します。
  11. 排泄物を確認して、処理します。
【尿器の場合】

  1. 男性は仰向けもしくは横向き、女性は仰向けで、ズボンとパンツを脱衣します。
  2. 尿器の受け口を陰部にあてます。
  3. 排尿が終わったら、陰部を拭き、ズボンとパンツを着衣します。
  4. 排泄物を確認して、処理します。

女性の場合、漏れやすいので、尿道口にしっかりと尿器の受け口をあてましょう。

介護技術をもっと学びたいなら!おすすめ方法2選

介護技術は独学ではなく、専門書研修を活用して学びましょう。

自分のペースでコツコツ学びたいなら、本がおすすめ!

専門書を1つ持っておけば、自分のペースで学べて、知識が深まります。

おすすめの本を2つ紹介しますので、ぜひ参考にして見てください。

【1.動作の”なぜ”がわかる基礎介護技術】
https://www.amazon.co.jp/%E5%8B%95%E4%BD%9C%E3%81%AE%E2%80%9C%E3%81%AA%E3%81%9C%E2%80%9D%E3%81%8C%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E6%8A%80%E8%A1%93-%E5%89%8D%E5%B7%9D-%E7%BE%8E%E6%99%BA%E5%AD%90/dp/4805856424

疑問に答えるように、介護技術の根拠が記してあります。
根拠を知れば、基本の技術をマスターしやすいですので、ぜひ活用しましょう。

【2.福辺流 力と意欲を引き出す介助術】

理学療法士が介護技術を解説しているので、要介護者の残存能力を引き出せる方法が記してあります。
自立を促す支援を重視する人にはおすすめです。

介護のプロからしっかり教わりたいなら、一般向けセミナーがおすすめ!

介護技術に磨きをかけるならば、研修に参加して、実技を学びましょう。

一般向けのおすすめセミナーを2つ紹介します。

【1.総合健康推進財団 関東支部】
公式サイト:総合健康推進財団 関東支部

介護技術の基本から、認知症ケアまで幅広い研修内容が特徴です。
要望があれば、テーマ別に研修を開催してくれる場合もありますので、問い合わせてみましょう。

【2.ニチイの家族介護のための実践介護講座】
公式サイト:ニチイの家族介護のための実践介護講座

受講期間は約2ヶ月で、通学と通信で学べます。
受講料は約3万円ですが、介護の基礎知識から実践まで学べますので、おすすめです。

全カリキュラムを修了し、レポート課題に合格すれば、修了証明書と技能認定資格が取得できます。

介護技術の基本を身に着ければ、介護される側もする側も負担が軽減!

介護技術は、基本のポイントをおさえれば、介護される側もする側も負担が軽減します。

介護が苦痛にならないよう、ボディメカニクスを活用してみてはいかがでしょうか。

コツを学べる本や研修を活用しても良いですね。

介護の基本である「移乗・移動の介助」「食事介助」「トイレ介助」をマスターして、要介護者の生活を支える工夫をしましょう。

介護技術の基本をチェック!おすすめの学び方は?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

サイト内を検索する