グループホームはどんな施設?仕事内容は?夜勤や給料についても解説

グループホームは、65歳以上の認知症の高齢者向けの地域密着型介護施設です。

グループホームは自立した共同生活を送れる人を対象にしています。
食事の支度や掃除なども、利用者で協力して行います。

じゃあスタッフはなにをするの?と思いますよね。

グループホームの職員の仕事内容は、利用者の生活のサポートや、夜間の見守りなどです。

認知症の人を対象にした施設なら、特別な資格がないと働けないのでしょうか。

実は、グループホームで介護職員として働く場合、資格がなくても大丈夫なことが多いんです。

この記事では、グループホームの具体的な仕事内容や、夜勤の状況、働くのに向いている人、働く上での注意点を解説します。

これからグループホームの仕事に興味がある人に、参考になること間違いなしです。

読み終わるころにはグループホームで働くイメージがわきますよ。

グループホームはどんなところ?

グループホームとは、65歳以上要支援2~要介護5の認定を受けている人を対象とする施設です。

入居するためには、条件があります。

  1. 医師から認知症の診断を受けていること
  2. 集団生活に支障がないこと
  3. 医療ケアがなくても生活できること

などです。
(※事業者によって異なる場合もあります。)

グループホームは、住み慣れた地域での生活が目的の地域密着型サービスに分類されます。
そのため、施設と同じ地域に住民票がある人が入居できます。

1ユニット5~9名最大2ユニットという少人数のため、利用者同士の人間関係が築きやすく、家庭的な環境で生活できることがポイントです。

施設によってはお祭りや清掃活動など、地域の行事に参加する場合もあります。

次に、グループホームと他の介護施設の違いを解説します。

グループホームと他施設の違いはある?

グループホームは認知症の高齢者が対象で、他の施設は認知症に限らずさまざまな理由で介護が必要な人が対象です。

グループホームは利用者一人一人に役割を持ってもらい、自立に向かって生活します。
スタッフは施設職員というよりも「共同生活者」に近いです。

医療ケアはほとんどなく、利用者の健康管理が主な業務なのも特徴です。

グループホームで働くために資格とスキルはいる?

施設によって異なりますが、介護の資格がなくても働けるグループホームもあります。

ゆくゆくは役職につきたい場合は、資格が必要です。
働きながら「介護職員初任者研修」「実務者研修」「介護福祉士」「認定介護福祉士」とステップアップもできます。
認知症の理解が深まり、日々の仕事に生かせるのでおすすめです。

グループホームで働くとき、資格を持っていなくてもはじめられるのは介護職員です。

グループホームで働くスタッフのうち、資格が必要な主な職種は次の通りです。

  • 管理者:3年以上認知症高齢者の介護に従事した経験があり、厚生労働大臣が定める「認知症対応型サービス事業開設者研修」を修了していること。
  • ケアマネジャー:実務経験5年以上(保有資格により10年以上)で、試験に合格した後所定の研修を受ける。
    利用者の介護サービス計画書を作成したり、家族からの相談を受けたりする。
  • 介護予防指導員:通信や通学で講座を受講し、試験を受ける。
    認知症予防プログラムの立案、トレーニング指導ができる。
  • 代表者:認知症高齢者の介護に従事した経験がある、保健医療サービス・福祉サービスの経営に携わった経験がある人で、厚生労働大臣が定める研修を終了していること。
  • グループホームがどんなところかのイメージはつかめましたか?

    ここからはグループホームスタッフの働き方と仕事内容を紹介します。

    利用者の生活サポート以外にもさまざまな仕事をこなす、介護のプロフェッショナルですよ。

    気になる給与や、どんな人に向いている仕事なのかも紹介します。

    グループホームでの勤務を検討中の人は、働く前に注意したいことも参考にしてみて下さいね。

    グループホームスタッフの働き方と仕事内容

    グループホームの大まかな仕事内容を紹介します。

    • 生活援助:料理、洗濯、掃除など、利用者と一緒に行ったり見守ったりする。
    • 外出援助:通院や買い物に付き添う。
    • 身体介助:食事や口腔ケア、入浴、排泄などの介助を必要に応じて行う。
    • 健康管理:バイタルチェック、服薬管理を行う。
    • レクリエーション:体操や歌、季節のイベントなどを企画し、一緒に参加する。
    • 夜間の対応:徘徊のある利用者の見守り。トイレへの付き添いやコール対応などを行う。

    職員はシフト制で、下記のような時間帯ごとに分かれています。

    • 【早番】 7:30~16:30
    • 【日勤】 9:00~17:00
    • 【遅番】 10:30~19:30
    • 【夜勤】 16:00~翌9:00

    グループホームの夜勤の人員配置は1ユニットに1人という場合もあるので、不安な人は事前に確認すると安心です。

    グループホームの給料は?福利厚生はある?

    グループホームで働くスタッフの月収は、平成29年度の調査では269,920円でした。

    他の施設に比べると給料は少なく感じるかもしれません。
    介護報酬が少ないことが理由のひとつとして考えられます。

    パートの場合、時給900円くらいの施設が多いです。

    福利厚生は、社会保険への加入の他に、家族手当や住宅手当、健康診断の補助、資格取得支援などがあります。
    (※施設によって異なります。)

    福利厚生代行サービスを利用し、充実させている施設もあります。

    雇用形態によって受けられる福利厚生が違う場合があるので、施設に確認しましょう。

    参考:厚生労働省 平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果

    グループホームで働く人の1日

    グループホームで働くスタッフの一般的なタイムスケジュールを、日勤・夜勤に分けて紹介します。

    【日勤】

    9:00 掃除、洗濯
    10:00 レクリエーション
    11:00 昼食準備
    12:00 昼食、片付け
    13:00 入浴介助
    14:00 買い物、おやつ作り、散歩など
    15:00 おやつ
    16:00 洗濯物の片付けなど
    次の勤務のスタッフに申し送り後、退社する。

    【夜勤】

    17:00 夕食準備
    18:00 夕食、片付け
    19:00 自由時間(体調に合わせて早めに就寝したりおしゃべりしたり、思い思いに過ごす)
    20:00 歯磨きや着替えなどの就寝準備
    21:00 消灯
    (夜間は、巡回やコール対応、トイレへの付き添いなどを行う。)
    7:00 起床。洗面や着替えの介助や、バイタルチェックを行う。
    8:00 朝食準備、朝食、片付け。
    次の勤務のスタッフに申し送り後、退社する。

    グループホームはどんな人が向いている?

    認知症の高齢者を対象にしているので、認知症の人との接し方や、知識を付けたい人には学ぶことの多い職場です。

    グループホームは他の施設に比べて人員配置が手厚いです。
    グループホーム利用者は、共同生活を送れることを条件にしているので身体介護が少ない傾向にあります。

    体力に自信のない人や、利用者とじっくりコミュニケーションをとりたい人にもおすすめです。

    生活援助をする場面が多いので、料理や洗濯など家事のスキルが求められます。
    家事が得意な人や、主婦の経験がある人にも向いています。

    グループホームは共同生活の場なので、利用者同士の人間関係が重要です。

    トラブルへの臨機応変な対応や、ユニットを見渡して全体をまとめることができる人に適した職場です。

    グループホームで働く前に注意したい3つのこと

    グループホームで働く前に注意したいことが3つあります。

    1. 夜勤の1人体制
    2. グループホームごとの特徴
    3. 認知症の理解

    1から説明します。

    1.夜勤の1人体制

    夜勤は1人でユニットを見る施設がほとんどです。
    介護未経験の人は、面接時に夜勤はいつから担当するか確認しておきましょう。

    緊急時に自分だけで対応しなければならないので責任重大です。

    緊急事態でなくても、1人で見守りをしながら他の業務も並行して行うのは大変です。

    精神的にも身体的にも負担が大きいので、夜勤体制の確認は必須です。

    2.」グループホームごとの特徴

    グループホームといっても特徴はさまざまです。

    看取り介護を行う施設や、グループホームでも医療サポートが手厚い施設など、施設によって仕事内容や雰囲気などが大きく異なります。

    利用者と協力して生活するため、利用者の自立度も関係します。

    働き始める前にどんなグループホームなのか調べておくと、入社後のギャップが少なくなり安心です。

    3.認知症の理解

    グループホ―ムで働く場合、認知症の知識が必要です。
    働き始めてから利用者とのかかわりを通して学んでいくこともできますが、勤務開始前に勉強しておくことも大切です。

    認知症とは、何らかの病気で脳の神経細胞が壊れて起こる症状や状態のことです。
    老化による単なる物忘れとは違います。

    物忘れとの違いは、認知症は症状の進行による判断力の低下など、日常生活に支障があることです。

    グループホームの利用者は個人個人で進行度や自分でできることが異なります。

    記憶障害などの中核症状は認知症であれば起こりますが、徘徊や暴力などの周辺症状は周囲のケアが大切です。

    認知症になっても「いつでも、どこでも、その人らしく」暮らせるように支援し、本人の言動を本人の立場で考えてみることが認知症ケアの基本である。
    引用元:一般社団法人日本神経学会 認知症への対応・治療の原則と選択肢

    介護未経験や経験が浅い人がグループホームで働いたとき、戸惑うことも多いかもしれません。

    認知症の人は言いたいことを伝えるのが不得意であったりします。

    言葉以外にも行動や表情からのメッセージを見逃さず、コミュニケーションを取っていってくださいね。

    参考:相談e-65.net 認知症について知っておきたい基礎知識

    まとめ

    グループホームは、他の施設と異なり少人数の利用者とじっくり関われることが特徴です。
    利用者ができることを見守り、自分らしい生活が送れるようにサポートします。

    利用者と距離が近いので、一緒に笑ったり考えたりできることが、仕事のやりがいに繋がります。

    利用者一人一人と向き合いたい認知症を抱える人の介護に携わりたいと考えている人は、グループホームで働くことを検討してみてくださいね。

    グループホームはどんな施設?仕事内容は?夜勤や給料についても解説

    この記事が気に入ったら 

    編集部注目記事

    「ヘルパー2級」資格は「初任者研修」に変更に!影響は?仕事は変わる?

    初任者研修って、何ですか? 研修ってついてますけど…… ユマケア編集部 初任者研修は介護の入門資格ですよ! 興味があるん…

    漫画・安全か?プライドか?

    漫画「安全か?プライドか?」(ゆるゆらり)

    ユマケア編集部 ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク。」で知られるゆるゆらりさん。 介護職の役割…

    漫画「介護施設の利用者さまの幻聴幻覚がなくなった理由」

    漫画「介護施設の利用者さまの幻聴幻覚がなくなった理由」(pinky)

    初めまして。 「家事ときどき介護~介護も一息、今度は育児!?~」という漫画ブログを描いている、pinkyと申します。 1…

    【高齢者とのコミュニケーション】ポイントや注意することは?

    高齢者とのコミュニケーションで大切なポイントは、「聞くこと」と「話すこと」。 特に話し方は、【言語】【準言語】【非言語】…

    【ケアマネージャーの選び方】どう付き合う?途中で変更はできるの?

    数多くある居宅介護支援事業所からケアマネジャーをどのような基準で選んだらよいのでしょうか。 ケアマネジャー次第で要介護者…