グループホームはどんな施設?仕事内容は?夜勤や給料についても解説

グループホームは、地域密着型の介護施設で、利用者はスタッフが介助をしながら9人までの利用者で共同生活を行います。

食事作りや掃除などは利用者で分担し、自立した生活を送ることが目的です。

知的障害向けと認知症高齢者向けの施設があり、今回は認知症高齢者向けのグループホームでの仕事内容について詳しく紹介します。

グループホームとは

グループホームとは、65歳以上要支援2~要介護5の認定を受けている人を対象とする施設です。

入居するためには、医師から認知症の診断を受けていることや、集団生活に支障がないことが条件となります。

グループホームは、住み慣れた地域で生活を送ることを目的とした地域密着型サービスに分類されているので、施設と同じ地域に住民票がある人が入居できます。

1ユニット5~9名最大2ユニットという少人数のため、利用者同士の人間関係が築きやすく、家庭的な環境で生活できることがポイントです。
施設によっては、お祭りや清掃活動など、地域の行事に参加する場合もあります。

グループホームの仕事内容

グループホームの大まかな仕事内容を紹介します。

  • 生活援助:料理、洗濯、掃除など、利用者と一緒に行ったり見守ったりする。
  • 外出援助:通院や買い物に付き添う。
  • 身体介助:食事や口腔ケア、入浴、排泄などの介助を必要に応じて行う。
  • 健康管理:バイタルチェック、服薬管理を行う。
  • レクリエーション:体操や歌、季節のイベントなどを企画し、一緒に参加する。
  • 夜間の対応:徘徊のある利用者の見守り。トイレへの付き添いやコール対応などを行う。

グループホームで働く人の1日

グループホームで働くスタッフの一般的なタイムスケジュールを、日勤・夜勤に分けて紹介します。

【日勤】

9:00 掃除、洗濯
10:00 レクリエーション
11:00 昼食準備
12:00 昼食、片付け
13:00 入浴介助
14:00 買い物、おやつ作り、散歩など
15:00 おやつ
16:00 洗濯物の片付けなど
次の勤務のスタッフに申し送り後、退社する。

【夜勤】

17:00 夕食準備
18:00 夕食、片付け
19:00 自由時間(体調に合わせて早めに就寝したりおしゃべりしたり、思い思いに過ごす)
20:00 歯磨きや着替えなどの就寝準備
21:00 消灯
(夜間は、巡回やコール対応、トイレへの付き添いなどを行う。)
7:00 起床。洗面や着替えの介助や、バイタルチェックを行う。
8:00 朝食準備、朝食、片付け。
次の勤務のスタッフに申し送り後、退社する。

グループホームは、利用者の生活の場なので、日勤だけでなく夜勤もあります。

勤務体制は、施設によって異なりますが、日勤と夜勤の他に早番遅番があります。

また、夜勤の人員配置は1ユニットに1人という場合もあるので、不安な人は事前に確認すると安心です。

グループホームと他施設との違いは?

グループホームでは認知症の人が対象ですが、他の施設では認知症に限らず様々な病気によって介護が必要になった人が対象となります。
そして、利用者一人一人に役割があり、自立に向かって生活しているので、スタッフは施設職員というよりも「共同生活者」に近いです。

このようなグループホームで働くのに向いている人はどのような人か、次の項目で紹介します。

グループホームで働くのに向いている人

グループホームは、他の施設に比べて人員配置が手厚く、利用者も共同生活を送れる人なので身体介護が少ない傾向にあります。
体力に自信のない人や、利用者とじっくりコミュニケーションをとりたい人におすすめです。

また、生活援助をする場面が多いので、料理や洗濯など家事のスキルが求められます。
家事が得意な人や、主婦の経験がある人にも向いています。

さらに、グループホームは共同生活の場なので、利用者同士の人間関係が重要です。
時には、トラブルが起こる可能性もあります。

そのような場合に、ユニットを見渡して特性が生かせるような関わり方をしたり、トラブルに対して臨機応変に対応したりと、全体をまとめることができる人に適した職場です。

グループホームで働くために必要な資格やスキル

施設によって異なりますが、介護の資格がなくても働ける場合もあります。

しかし、ゆくゆくは役職につきたいという場合には、資格が必要です。
働きながら、介護職員初任者研修、実務者研修、介護福祉士とステップアップすると、認知症への理解が深まり、日々の仕事にも生かせるのでおすすめです。

グループホームで働くスタッフのうち、資格が必要な主な職種は次の通りです。

  • 管理者:3年以上認知症高齢者の介護に従事した経験があり、厚生労働大臣が定める「認知症対応型サービス事業開設者研修」を修了していること。
  • ケアマネジャー:実務経験5年以上(保有資格により10年以上)で、試験に合格した後所定の研修を受ける。
    利用者の介護サービス計画書を作成したり、家族からの相談を受けたりする。
  • 介護予防指導員:通信や通学で講座を受講し、試験を受ける。
    認知症予防プログラムの立案、トレーニング指導ができる。

給料はどのくらい?福利厚生は?

グループホームで働くスタッフの月収は、平成29年度の調査では269,920円でした。
他の施設に比べると給料が少ないですが、理由のひとつとして介護報酬が少ないということも考えられます。
パートの場合、時給900円程度の施設が多いです。

参照:サイト厚生労働省 平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果

福利厚生は、社会保険への加入の他に、家族手当住宅手当健康診断の補助資格取得支援などがありますが、施設によって異なります。

さらに、福利厚生代行サービスを利用し、充実させている施設もあります。

ただし、雇用形態によって受けれる福利厚生が違う場合があるので、施設に確認しましょう。

グループホームは少人数で入居者としっかり向き合える仕事

グループホームは、他の施設と異なり少人数の利用者とじっくり関われることが特徴です。
利用者ができることを見守り、ときにはサポートしながら、その人らしい生活が送れるように援助します。

利用者と距離が近いので、一緒に笑ったり考えたりできることが、仕事のやりがいに繋がります。
利用者一人一人と向き合いたい認知症を抱える人の介護に携わりたいと考えている人は、グループホームで働くことを検討してみてはいかがでしょうか。

グループホームはどんな施設?仕事内容は?夜勤や給料についても解説

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

サイト内を検索する