介護の悩みを相談したい…窓口はどこ?サイトや電話でもできる?

在宅介護を続けるコツは、『一人で頑張りすぎないこと』

介護の不安や悩みは自分だけで悩まず、進んで周りに相談することが大切です。

この記事では介護の悩みを直接相談できる窓口を紹介します。

自宅に居ながら無料で相談することができる電話窓口サイトも紹介するので、介護で何か困ったことがあったら参考にしてくださいね。

介護の相談ができる窓口の種類

介護の相談ができる窓口には、さまざまな種類があります。
ここでは窓口ごとの特徴適した相談内容を紹介します。

「介護保険について詳しく説明して欲しい」
「介護の専門的な意見が聞きたい」
「些細な悩みを聞いて欲しい」

など、それぞれの悩みを解決するため適切な窓口を選びましょう。

市区町村の介護保険の担当窓口

まず紹介するのは、役所にある介護保険の担当窓口です。
市町村によって「介護保険課」「高齢介護課」など、名称が違います。

ここでは主に、介護保険制度に関する相談ができます。
例えば、

  • 介護保険制度の基本
  • 要介護認定や要支援認定
  • 介護保険料

などです。

「サービスを利用するには?」
「介護度認定をやり直して欲しい」
「介護保険料っていくら?」

という方におすすめの窓口です。
窓口の対面相談だけではなく、電話相談もできます。

地域包括支援センター

地域包括支援センターは、いわば「高齢者のなんでも相談所」です。
高齢者に関する相談であれば、専門的なものから些細な悩みまで幅広く対応しています。
その中でも主なサポート内容は、

  • 総合的な相談や支援
  • 健康や介護状態の悪化を防止(要支援1.2)
  • 虐待や悪質販売などの被害を防止
  • 関係機関と連携した支援

以上の4つです。
地域包括支援センターのメリットは、たらい回しに遭わないこと。
介護支援のネットワークが構築されているので、関係機関と連携した問題解決へのサポートが受けられます。

さらに地域包括支援センターには、ケアマネージャー・社会福祉士・看護師または保健師が所属しています。
介護だけでなく福祉や医療の観点から、総合的なサポートが受けられる点もメリットです。

「認知症による徘徊に悩んでいる」
「福祉用具の使い方が分からない」
「悪質な事業者に騙された」

など、どのような方でもおすすめです。
対面相談はもちろん、電話相談も行っています。

居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所は主に、要介護度認定を受けている被介護者とその家族に対して支援を行います。
また、相談は介護に関することに限られます。
支援内容は、

  • 要介護認定の申請や更新手続きの代行
  • ケアプランの作成
  • 介護サービス事業者の紹介
  • 介護に関する相談や支援

以上の4つです。
居宅介護支援事業所のメリットは、日頃関わっているケアマネージャーに直接相談できること。
ケアマネージャーは被介護者の状態や介護状況を知っているので相談しやすいく、話も進めやすいです。

「ケアプランを見直して欲しい」
「介護サービスを受けたい」
「要介護認定の更新をして欲しい」

という方におすすめです。
対面相談も電話相談も行っています。

都道府県の社会福祉会

社会福祉会とは、ソーシャルワーカーと呼ばれる社会福祉士の連合体組織です。
生活の中のさまざまな悩みを福祉サービスと繋ぐことで解決に導きます。

生活の中で困ったことであれば何でも相談でき介護に関しては、

  • 介護そのものの相談
  • 詐欺や虐待被害の相談
  • 介護支援やサービスに対する相談
  • 介護疲れやうつの相談

などが挙げられます。
社会福祉会のメリットは、第三者の支援や意見を受けられること。
先ほど紹介した地域包括支援センターや居宅介護支援事業所に相談しにくい場合に役立ちます。

「介護に関係ないことを相談したい」
「介護うつかもしれない」
「匿名で相談したい」

という方におすすめです。
電話相談が一般的ですが、都道府県によって異なるのでお住まいの社会福祉会を確認しましょう。
また相談は無料ですが、サービスを受ける際は有料になるので注意してください。

各地域の社会福祉協議会

社会福祉協議会は、社会福祉法に基づいて設置された、営利を目的としない民間組織です。
「地域住民の暮らしをサポートすること」が組織の目的で、介護に関する支援は、

  • 介護の相談
  • 高齢者の見守り
  • 訪問介護
  • サロン活動(高齢者同士の繋がりを深める活動)

など多岐に渡ります。
社会福祉協議会のメリットは、地域密着型でネットワークが広いこと。
さまざまな事業に取り組んでいるので、組織に所属する介護サービスを提供してもらうこともできます。

「民間の事業所が少なくて困っている」
「見守り活動をして欲しい」
「社会福祉協議会に所属する事業所から介護サービスを受けたい」

という方におすすめです。
対面相談と電話相談が一般的です。

病院の医療ソーシャルワーカー

被介護者が入院している場合、介護だけでなく医療の面からサポートする必要があります。
そんなとき頼りになるのが病院に勤務する医療ソーシャルワーカーです。

  • 受診や受療の補助
  • 療養中の心理的支援
  • 退院に向けた支援
  • 退院後の相談支援

などを行っています。

医療ソーシャルワーカーのメリットは、医療に特化した質問ができること。
医療法や方針などの相談、医師や看護師に相談しにくい場合に役立ちます。

「突然の怪我でどうしたらいいのか分からない」
「退院後が不安」

という方におすすめです。
相談したいときは、医療ソーシャルワーカーについて看護師などに聞いてみましょう。

医療法人、ボランティアなどその他

これまで紹介した以外にも、介護の相談窓口は多数存在します。

  • 医療法人
  • NPO法人
  • ボランティア団体
  • 一般企業

などです。
「介護 相談 〇〇(お住まいの地域)」と調べることで地域の相談窓口を検索できます。
さまざまな機関が相談に対応しているので、一人で抱え込まないようにしましょう。

自宅に居ながら相談できる!おすすめの電話相談窓口3選!

介護生活では、外出が必要な窓口への相談は大きな負担です。
ここでは自宅から相談できるおすすめの電話相談窓口を紹介します。

「近くに適切な相談窓口がない」
「介護で外出が困難」
「認知症高齢者の介護をしている」

という方はぜひ参考にしてください。

高齢者総合相談センター(シルバー110番)

高齢者総合相談センターは、高齢者やその家族が抱える悩みに対応した無料相談窓口です。
介護の一般的な相談から、医療や法律に関する専門的な相談まで幅広く対応しています。

各都道府県に設置されており、電話や文面、対面で相談ができます。
相談内容は、

  • 介護の一般的な悩み
  • 病気や怪我
  • 税金や年金
  • 法律関係

など多岐に渡ります。

介護の相談は各センターの相談員が答え、専門的な相談は、医師・弁護士・税理士などの専門家が答えます。

「怪我をしてしまったが病院に行くべき?」
「遺言書を作っておきたい」
「身に覚えのない請求書がきた」

という方にもおすすめです。

相談者のプライバシーに配慮し、匿名での相談も可能なので安心。
電話番号は『#8080(はればれ)』です。

認知症の人と家族の会

認知症の人と家族の会は、認知症高齢者の介護者や認知症高齢者を看取った方などが所属する公益社団法人です。
日本最大の会員組織で、各都道府県に支部があります。

当事者同士の相談会や勉強会も開催していますが、参加する場合には入会が必要です。
また開催地が遠く、参加が難しい方もいるでしょう。

まずは全国どこからでも相談できる、無料電話相談がおすすめです。
相談できる内容は、

  • 認知症に関する知識
  • 認知症高齢者への接し方
  • 些細な悩み

などです。
相談員は全員が介護経験者、悩みだけでなく苦労話や愚痴にも共感してもらえます。

電話番号は『0120-294-456』、携帯電話から掛ける場合は『075-811-8418』です。

認知症予防財団

認知症予防財団は、認知症問題への対応の道を探り、認知症高齢者の家族介護を支援する公益財団法人です。
電話相談は「認知症110」と呼ばれ、全国からの相談に無料で対応しています。
相談できる内容は、

  • 認知症に関する知識
  • 認知症高齢者への接し方
  • 介護予防や治療
  • 認知症高齢者の病気や怪我

などです。
先ほど紹介した『認知症と家族の会』と似た相談内容ですが、大きな違いは専門家がいる点です。
ソーシャルワーカーや看護師などが相談員をしているので、福祉や医療の視点からも相談に答えてくれます。

「専門家からの意見が欲しい」
「介護予防の相談がしたい」

という方におすすめです。

電話番号は『0120-654-874(老後心配なし)』です。

完全匿名で安心!おすすめのサイト相談窓口3選!

相談を手軽に済ませたい方や完全匿名で相談したい方には、サイト相談窓口が最適です。
サイトの多くは24時間利用が可能、さらに専門家に直接相談できるところも多いです。
ここではおすすめのサイト相談窓口を紹介します。

「対面は大変だし電話も苦手」
「相談だけじゃなく色々な情報が欲しい」
「リアルな声や意見を聞きたい」

という方はぜひ参考にしてください。

安心介護

介護安心は、介護の専門家に相談できる会員制サイトです。
会員登録もサイトの利用も全て無料で、さらに24時間いつでも相談ができます。
匿名相談ができるのでプライバシーも安心です。

  • 介護の基礎知識
  • 福祉用具について
  • 相続の相談
  • 終活の相談

など、介護に関する総合的な情報をまとめています。

「相談したいけど電話も対面も嫌だ」
「ちょっとした情報が知りたい」

という方におすすめです。

わかるかいご

わかるかいごは、介護に関する悩みや疑問をプロに直接質問・相談ができる会員制サイトです。
こちらも会員登録もサイトの利用も全て無料。
さらに回答する130,000名以上の専門家の内、80,000名以上が介護のプロであるケアマネージャーです。

  • 介護の基本知識
  • 介護施設の検索
  • 介護用語
  • 体験談

などの情報もまとまっています。
他の方の体験談を見ることや、自分の体験談を投稿できるなどリアルな声が溢れています。

「プロに相談したい」
「近くの介護施設を探したい」
「リアルな声を聞きたい」

という方におすすめです。

介護110番 なんでも相談室

介護110番なんでも相談室は、医療や介護に関わる全ての人のための相談掲示板サイトです。
相談掲示板の管理・運営は、ボランティアの手によって行われています。
さらにサイト運営費は広告費で賄われているため、コンテンツは全て無料。

少しでも気になることや、不安なことを匿名で気軽に相談できます。
また相談以外に、不安・苦労話・愚痴などを聞いてもらえる場でもあります。

「介護に疲れた」
「どこかに吐き出したい」

という方にもおすすめです。

介護の悩みはためこまないで!あなたに合った相談窓口を

「こんなことで相談していいのかな?」
「プライバシーの問題は?」
「相談ってお金は掛かるの?」

そんな不安もこの記事で解決したのではないでしょうか?

介護の相談窓口は全国どこでも存在します。
不安や悩みは一人で抱え込まず、すぐに相談しましょう。

介護で大事なことは『一人で頑張りすぎないこと』
ぜひ相談窓口を利用し、介護生活をより快適にしてください。

介護の悩みを相談したい…窓口はどこ?サイトや電話でもできる?

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

「ヘルパー2級」資格は「初任者研修」に変更に!影響は?仕事は変わる?

初任者研修って、何ですか? 研修ってついてますけど…… ユマケア編集部 初任者研修は介護の入門資格ですよ! 興味があるん…

漫画・安全か?プライドか?

漫画「安全か?プライドか?」(ゆるゆらり)

ユマケア編集部 ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク。」で知られるゆるゆらりさん。 介護職の役割…

漫画「介護施設の利用者さまの幻聴幻覚がなくなった理由」

漫画「介護施設の利用者さまの幻聴幻覚がなくなった理由」(pinky)

初めまして。 「家事ときどき介護~介護も一息、今度は育児!?~」という漫画ブログを描いている、pinkyと申します。 1…

【高齢者とのコミュニケーション】ポイントや注意することは?

高齢者とのコミュニケーションで大切なポイントは、「聞くこと」と「話すこと」。 特に話し方は、【言語】【準言語】【非言語】…

【ケアマネージャーの選び方】どう付き合う?途中で変更はできるの?

数多くある居宅介護支援事業所からケアマネジャーをどのような基準で選んだらよいのでしょうか。 ケアマネジャー次第で要介護者…