介護職の志望動機はどう書く?採用担当に気に入られる履歴書の書き方

離職率が高く、人手不足が深刻な「介護職」。

長く働いてくれるか見極めるため、面接時には志望動機をよくチェックされます。

採用されるには、志望動機にどんなことを書けばよいのでしょうか?
志望動機のテンプレートを用意したので、参考にしてみてください。

「履歴書で見落としがちなチェック項目」も、提出前に確認しましょう。

【介護職の志望動機】伝え方が重要な4つのポイント

志望動機に盛り込むべきポイントで、伝え方が重要なのは下記の4点です。

  1. 介護職に就きたい理由
  2. 自己PR
  3. 志望先を選んだ理由
  4. 採用後のキャリアプラン

4つのポイントを押さえた志望動機で自分をアピールしましょう。

書き方のコツを順番に説明していきます。

1.介護職に就きたい理由

介護職に就きたい理由はよくきかれる質問です。

離職率が高い業界だからこそ介護をしたい理由をはっきりと伝え、「長く働いてくれそう」と思ってもらうことが大切です。

志望理由を素直な言葉で伝えましょう。
その際に具体的なエピソードを交えると本気度が伝わりやすくなります。

例えば、「母に介護が必要になり、サポートを得ながら自分も介護を行っていくうちに、介護を仕事にしたいと考えるようになった」などと伝えられると良いでしょう。

2.自己PR

自己PRは抽象的なものではなく、自分の強みが明確に伝わるような介護経験などです。

介護系の勤務経験がある方は「どんな施設(または在宅など)」で「どんな仕事をしていたのか」、「仕事を通して学んだことや強み」を説明します。

ただ漠然と介護経験がある、というよりも学んだことや強みも話すことで「どんなことが出来るのか」「仕事に対する姿勢」をアピールできます。

未経験の方は1.で例に出したように家族の介護経験などでも大丈夫です。
「介護職で働いたことはないが、母の介護をしていた。ヘルパーさんの仕事ぶりも間近で見て、勉強してきた」などと介護に関わった経験を挙げます。

全く介護をしたことがない、という方はこれまで打ち込んできたものや人間性を伝えましょう。
精神的にも大変な仕事なので、経験の有無よりも利用者さんのために一生懸命働いてくれるかを重要視している施設も多いです。

3.志望先を選んだ理由

施設側とスタッフのミスマッチが退職理由になることもあるので、施設にあっている人かどうかを面接時にチェックされます。

志望する施設の運営方針や企業理念などを調べてからのぞみましょう。

どんな施設なのか知っておくと、働きだしてから思い描いていた仕事と違う、というギャップが少なくなります。

4.採用後のキャリアプラン

志望動機にキャリアプランを含めると、向上心を持って働こうとしている、という意思を採用担当者に伝えられます。

例えば介護未経験の方でも、働きながら資格取得を目指すというと、良い印象を与えらえるでしょう。
口だけだと思われないためにも、どんな資格を取りたいか考えて、勉強の計画も立てておくと安心です。

これまでも介護職に就いていた方は、経験を活かし役職に就いてリーダーシップを発揮したいなどといった切り口でも良いです。

介護に対する姿勢や、熱意をアピールしたい部分といえます。

【NGな志望動機】気をつけたい3つのポイント

志望動機がイマイチだと採用にいたらないこともあります。
NGな志望動機は下記の3つ。

  1. 要点がまとまっていない
  2. ありがちな内容
  3. 自己PRが弱い

なぜだめなのか、改善する方法を詳しく見ていきます。

1.要点がまとまっていない

どんな文章でも要点がまとまっていないと、結局何を伝えたいのかわからなくなってしまいます。

志望動機で自分をアピールしようと、つい内容を盛り込みすぎていませんか?

短い面接や、書類審査で面接官に自分のことを最大限に伝えるなら、簡潔な文章を心がけて下さい。

簡潔な文章で要点をしっかり押さえるよう意識しましょう。

  1. 要は
  2. 例えば
  3. なぜなら

の順に話します。

結論から始め、具体的なエピソード、なぜ自分はこの行動を取ったかまで説明できると好印象です。

2.ありがちな内容

志望動機というとどうしても似通った内容になってしまうこともあります。

よくある話だと思われると採用担当者の印象に残りません。

介護経験のある方なら、仕事で○○な壁にぶつかったとき~~な経験を活かして乗り越えられた、などの文を織り交ぜるとオリジナリティが出ます。

この後【パターン別の志望動機のテンプレート】を紹介するので、自分ならではのエピソードを交えて志望動機を完成させましょう。

3.自己PRが弱い

自己PRが弱いと、魅力が伝わりません。
それでは採用したいと思ってもらえない可能性があります。

介護経験がない方も堂々と自己PRしましょう。

介護業界では人間性を重視するので、どんな性格かや、これまで熱心に取り組んできたことなどを話すと良いです。

介護経験のある方は、培ってきた技術や知識に自信を持ってください。

自己PRでしっかりアピールして、採用に繋げましょう。

【パターン別テンプレート】穴埋め式で志望動機が完成!

「志望動機のポイントは分かったけれど文章を書くのが苦手……。」という方向けに、穴埋めをするだけで志望動機が完成するテンプレートをご用意しました。

5つのパターン別に紹介するので、自分にあったものを選んでくださいね。

  • 介護職未経験
  • 別の施設で働きたい
  • 介護福祉士からケアマネになりたい
  • 派遣から正社員になりたい
  • 訪問介護から施設介護にチャレンジしたい

先に紹介した【志望動機に盛り込むべき4つのポイント】に沿って見ていきます。

介護職未経験

【未経験の介護業界に家族の介護をきっかけに就職したいと考えた場合】

1.介護職に就きたい理由
私は○○で△年勤めてまいりました。
~が高齢になり介護が必要になったタイミングで退職し、介護に専念することにしました。
▼▼のサポートを得ながら介護を行い、大変なことも多くありましたが介護のーーを感じました。
お世話になっていた■■さんの勧めもあり、本格的に介護を仕事にしたいと考えるようになり
ました。

2.自己PR
介護職の経験はありませんが、~の介護が必要になった時点で介護の勉強を始めました。
現在◎◎の資格取得を目指しています。
前職では〇に関する仕事をしており、その際も〇の資格取得をしました。
興味を持ったことにはとことん取り組む性分なので、介護業界でも諸先輩方に教えを乞いつつ精進していく所存です。

3.志望先を選んだ理由
私は介護を通して利用者様に○○になっていただきたいと考えております。
貴施設の■■を拝見し、~~という理念のもと、◇◇に特化されている点に惹かれ応募させて頂きました。
現場で介護に関する知識・技術を学ばせていただくと共に、貴施設のお役に立ちたいと考えております。

4.採用後のキャリアプラン
介護の仕事を一から勉強させていただきながら、将来的には~~を目指していきます。
現在その目標達成のステップとして、--の資格試験を受験する予定です。
~~は介護の▼▼であり、~~として働くことで利用者様の○○になれると考えております。

別の施設で働きたい

【別の種類の介護施設に転職したい場合】

1.介護職に就きたい理由
高校卒業以来介護職に就いており、現在〇年目です。
学生時代からの目標であった介護の仕事は、実際に働いてみると■■なことも多くありますが、それ以上にーーがあります。
今後も利用者様に~~していただけるような介護士になれるよう、さらに○○していきたいと考えております。
  
2.自己PR
これまで様々な施設で勤務し、経験した仕事は私の力となっております。
~~を活かし、貴施設でもお役に立てる人材になれるよう精進していく所存です。

3.志望先を選んだ理由
○○で勤務しており、仕事にはとてもやりがいを感じております。
ただ○○では利用者様と接する時間が少なく、十分なコミュニケーションを取ることができていません。
私は介護職員として利用者様の~~になれるよう、もっと■■したいと考えるようになり、貴施設の▼▼なところに大変好感を持ち志望いたしました。

4.採用後のキャリアプラン
○○として働いてきましたが、今後はキャリアアップを目指し、▼▼などにも挑戦していきたいと考えております。
貴施設の研修制度も利用させていただき、これまで以上にスキルを磨いていく所存です。

介護福祉士からケアマネになりたい

【ケアマネ未経験の介護福祉士から転職を機にケアマネになりたい場合】

1.介護職に就きたい理由
これまで介護福祉士として勤めてまいりましたが、▼▼を機に、以前から興味を持っていたケアマネージャーとして働くことを希望しております。
経験を活かし、利用者様に~~と思っていただけるよう、皆様と協力しながら尽力していく所存です。
貴施設で介護職員として更なる経験を積み、ステップアップしていきたいと考え、志望致しました。

2.自己PR
ケアマネージャーの経験はまだありませんが、介護福祉士として○○な仕事に携わってきました。
ケアマネージャーはケアプランを立てるだけではなく、現場のスタッフとの連携も大切です。
介護福祉士として長く働いた経験を活かし、スタッフと円滑なコミュニケーションを図る事で、貴施設のサービス向上のお役に立てればと考えております。

3.志望先を選んだ理由
ケアマネージャーとして働くことを希望した際に、貴施設のホームページを拝見し、■■に力を入れていらっしゃるという点に共感致しました。
貴施設で■■について勉強させていただき、介護職員として更なる知識や技術を身につけていきたいと考えております。

4.就職後のキャリアプラン
まずはケアマネージャーとして利用者様の○○に応えられるよう精進していきます。
ゆくゆくは~~の分野の知識もつけるため、勉強していきたいと考えています。
貴施設は■■制度も整っており、スタッフのキャリアアップ支援に重きを置いている点に大変好感を持ちました。
貴施設でならば介護職員としてますます成長できると考え、志望いたしました。

派遣から正社員になりたい

【派遣で施設を転々とする働き方から、正社員としてひとつの施設で働きたい場合】

1.介護職を選んだ理由
人と関わる仕事に就きたいと子どものころから考えており、~~と同じ介護職を志すようになりました。
その中でもたくさんの方と関わる機会を得られる派遣という働き方を選択し、これまで○○してまいりました。
実際に働き始めた今でも介護職を選んでよかったと実感しております。

2.自己PR 
施設を転々としてきた経験から、様々な方と交流してまいりました。
そのため、多様な利用者様のニーズをくみ取る力には自信があります。
以前勤めていた施設で利用者様が~~だった時に、他のスタッフとも協力しながら■■したことは、今でも私が介護職で働いていく活力となっています。
 
3.志望先を選んだ理由
これまで派遣として様々な施設で働いてまいりました。
色々な施設を見ることで学ばせていただく点や、気づきも多くありましたが、信頼関係を築けた利用者様と別れなければならず寂しくもありました。
1つの施設に腰を据えて、利用者様とじっくり向き合いながら介護職員としてのキャリアを積んでいきたいと考え転職先を探していたところ、貴施設の~~という取り組みを拝見しました。
私も~~に参加し○○な介護士になりたいと考え、志望いたしました。

4.就職後のキャリアプラン
派遣として目まぐるしく働く毎日でしたが、今後は資格取得など自身のスキルアップにも挑戦してきたいと考えております。
既に▼▼の試験に向け、勉強も始めております。

訪問介護から施設介護にチャレンジしたい

【訪問介護からデイサービスにチャレンジしたい場合】

1.介護職に就きたい理由
現在訪問介護職として勤務しております。
より専門的な介護に携わりたいと考え、この度の転職を決意いたしました。

2.自己PR
訪問介護で培った経験を活かし、諸先輩方の指導のもと更なる知識や技術を身に着けたいと考えております。
異なる環境ではありますが、利用者様を~~する、という介護の基本的な姿勢は変わらないと考え、貴施設でもお役に立てると自負しています。

3.志望先を選んだ理由
訪問介護で経験を積むうちにもっと利用者様のためにできることはないかと考えるようになりました。
貴施設の○○でなら私の理想とする介護を実現できると考え志望いたしました。

4.就職後のキャリアプラン
貴施設は~~などの運営にも携わっているとホームページから拝見しました。
デイサービスで施設介護の経験を積んだのち、将来的には~~で働きたいと考えています。
~~でなら包括的な介護を実践でき、より利用者様に寄り添ったサービスを提供できる介護スタッフに成長出来ると思っています。

【介護職の履歴書】見落としがちな項目をチェック!

志望動機が考えられたらいよいよ履歴書です。

注意して書いたつもりでも起こりうる見落とし。
最大限にミスをなくすため、チェックリストを作成しました。

「履歴書の選び方」から、「書き方のマナー」「証明写真について」を確認して、採用される履歴書を完成させましょう。

まずは履歴書選び

履歴書にはいくつか種類があるので購入する際は注意しましょう。
アルバイト用なのか正社員用なのか、志望先から指定はないか……。

他にも細かい項目が異なる履歴書があるので、アピールしたい項目がある場合はその項目があるか確認してから買うと良いです。

マナーは守れている?

ここからは履歴書を書く際に気を付けたいマナーを紹介します。
提出前にも必ずチェックしてください。

  • 誤字脱字がないか
  • フリガナを忘れていないか
  • 修正液や赤ペンを使わず、間違えたら書き直す
  • 年号は西暦、和暦のどちらかに統一
  • 住所は都道府県から始め、番地は〇丁目〇番地
  • 学校名や企業名、資格や免許などは正式名称で書く
  • 印鑑はまっすぐ押す
  • 証明写真ははがれてしまう可能性を考え、裏に指名を書いておく
  • 輸送の場合は差出日、面接の場合は書いた日ではなく面接日を日付に記載

履歴書は緊張してミスも出やすいので、あらかじめ書き直し用の予備も用意しておくことをオススメします。

証明写真は清潔感を意識

介護職の証明写真はスーツでなくても良い場合もあるようですが、清潔感のある服装、身だしなみを心がけましょう。

表情は口角をあげて、微笑む程度です。

自分で撮った写真や加工されたものではなく、きちんと証明写真機などで撮った写真を使います。

介護への熱意と誠実さを伝えて!採用につながる志望動機を

介護職に転職する際の志望動機では、介護に対する熱意と誠実さを伝えましょう。

大変な業界だからこそ、面接時には人間性や、将来設計をしっかりチェックされます。

志望動機はテンプレートを参考に、自分ならではのエピソードも交えてオリジナリティを出してくださいね。

履歴書の抜けもないように確認してから面接に挑みましょう!

介護職の志望動機はどう書く?採用担当に気に入られる履歴書の書き方

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

サイト内を検索する