介護用の椅子、選び方は?種類と特徴、便利な使い方について

介護椅子は介護の現場において無くてはならない便利なものです。
食事、入浴、靴の履き替えなどといった、日々の生活の補助器具として使用されております。

通販サイトでは様々な種類の介護椅子が販売されています。

しかし、介護椅子の種類や選び方に関する情報はあまり出回っていないのが現状です。

そこで今回は、介護椅子の種類・選び方をはじめ、介護椅子に関する基礎知識を解説します。

介護椅子とは

介護椅子は、入浴時靴を履き替える際など、色々な場面において高齢者の生活をサポートします。

具体的に、どういった場面でどのような介護椅子が役立つか見てみましょう。

高齢者の生活を快適にする

介護椅子は、使用する高齢者の生活を快適にするという役割があります。
使用する場面に合った、適切な椅子を用いることが大切です。

ここでは入浴靴の履き替えの場面において、どういった介護椅子が適しているか解説します。

高齢者の入浴を補助

高齢者の入浴時には、さまざまな危険が伴います。
そのため、シャワーチェアなど入浴用の介護椅子を使用することで、入浴時に起こりやすい危険を回避できます。

座った時に後ろに転ぶ恐れのある方には、背もたれのある介護椅子が必要です。
座位が不安定な方には、肘掛けのついた介護椅子が適しているでしょう。

肘掛けがあることで、左右に倒れることを防ぐことができます。
肘掛けが跳ね上げ式に動かせるタイプですと、浴槽への出入りが楽に行えます。

靴の履き替えを楽にする

玄関で靴を履き替える際にも、介護椅子があると便利です。
立ったまま靴を履き替えることは、転倒する危険性を伴います。

介護椅子へしっかり座ることで、かがんだり立ち上がったりする動作が楽です。
玄関に十分なスペースがない場合は、折り畳み式がおすすめです。

介護椅子の種類、普通の椅子と何が違うの?

「立つ」「座る」がしやすい設計

介護椅子は、立ち座りがしやすい設計になっています。
椅子から立ち上がる際、座面が持ち上がってサポートするタイプがあります。

高齢者の椅子からの立ち上がりを、楽にしてくれます。
また介護者の負担も軽減できるという、メリットもあります。

電動昇降介護椅子

立ち座りを楽にする介護椅子のタイプとして、電動昇降介護椅子があります。
電動昇降介護椅子は、座面が電動で上下することで、自分のペースで立ち座りができるという特徴があります。

膝や腰などの負担を軽減することができ、介助者の手を借りる必要もありません。

リクライニング機能で背もたれを調節

介護椅子には、リクライニング機能がついていて、背もたれを調節できるタイプもあります。

同じ姿勢で長時間座っているのは、苦痛を伴います。

リクライニング機能があれば、座ったままで楽な姿勢をとることができます。

大きな背もたれでゆったり座ることができるのが特徴で、リクライニングの角度を段階的に調節できるものもあります。
耐久性試験も施されており、長期間の使用にも耐えられる強度を持っています。

高さの調整ができる

高齢者の体格によって、介護椅子の高さも調整が必要です。

自分の体に介護椅子が合っていないと、転倒など事故の恐れもあります。

介護椅子の中には、工具を使用して座面の高さを替えられるものがあります。
自分が座りやすい高さに調整できるのが、介護椅子の特徴です。

肘掛けが可動する

肘掛けが跳ね上げ式となっており、可動するタイプの介護椅子もあります。
椅子からベッドなどへ移る際、肘掛けが可動することで邪魔になりません。
楽に移ることができ、介護者も介助しやすいというメリットがあります。

コンパクトに折りたためる

玄関や浴室など、広くないスペースで介護椅子を使用する場合があります。
特に浴室の扉が中折れ戸の場合、開閉時に椅子が邪魔になってしまうかもしれません。

コンパクトに折りたためる椅子であれば、そういった心配もなく楽に使用できます。

椅子の脚に滑り止めが付いている

立ち上がる際などに椅子が動いて、バランスを崩して転倒する恐れが考えられます。
椅子の脚の下に滑り止めがついていることで、滑りにくく安全性を保つことができます。
滑り止めはシールタイプになっていて、自分で貼ることができるものもあります。

適切な介護椅子の選び方

ここまで介護椅子の種類について紹介してきましたが、どうやって適切なものを選べば良いのでしょうか。
ここでは、高齢者に合った適切な介護椅子の選び方について解説します。

体格に合ったサイズを選ぶ

第一に、椅子を使用する高齢者の体格に合ったサイズを選びましょう。
座面に腰かけた際、しっかり足が床についているか確認します。

体格に合ったサイズの椅子を選ぶことで、姿勢が崩れにくくなります。
また体の負担が軽減され、転倒するリスクの減少につながるのです。

色は目立つものがおすすめ

視力の低下している高齢者には、目立つ色を選んだ方が安全です。

家具などと同調しやすい色を選ぶと、ぶつかったり転倒したりする恐れがあります。
赤や青など、目立つ色を選ぶことで、事故を防ぐことができます。

介護のレベルに合わせて機能を選ぶ

肘掛けや背もたれなど、使用しないものについては取り付けていないものを選ぶことがおすすめです。

介助する際に邪魔になったり、高齢者が肘掛けなどの機能を使うことによって、筋力が衰えたりする恐れがあるからです。

全ての機能が備わった介護椅子が、必ずしも良いというわけではありません。
使用する高齢者にとって、適切な機能をもつ椅子を選ぶようにすることが大切です。

介護椅子はどこで購入できる?価格はどれくらい?

ニトリで購入する

自分の目で見て確かめたいなら、ニトリでの購入がおすすめです。

肘掛けのついた高座椅子など、店頭で確認した上で購入することが可能です。

ニトリではこのほか、医療・福祉施設向けに、機能的な家具も販売されています。
金額は、5,000円から10,000円以上のものまであります。

通販サイトで購入

手軽に購入したいのであれば、通販サイトがおすすめです。

楽天市場

楽天市場で介護椅子を検索すると、いくつも商品を見つけることができます。

肘掛けのついたもの、跳ね上げ式のもの、入浴用など、欲しい条件を指定して検索できるので便利です。
商品によっては送料無料のものもあります。

また商品の説明や画像だけでは分かりにくい場合、担当者にメールなどで質問しておくと良いでしょう。
金額は5,000円から、より高性能の椅子では20,000円以上のものもあります。

Amazon

Amazonでも手軽に介護椅子を購入できます。

Amazonは送料無料のものも多いので、少しでも安く購入したいという方に適しています。

また購入者のカスタマーレビューが多く、参考にして商品を購入できるのもポイントです。

金額は、5,000円から10,000円以上のものまであります。

介護用品・福祉用具に特化した「スクリオ」

介護用品・福祉用具の通販サイト「スクリオ」は、15,000点以上の豊富な商品をそろえています。

介護用品・福祉用具に特化しているため、電話等で専門的なアドバイスが受けられます。
より専門的な商品がそろっており、電動昇降座椅子などは500,000円以上するものもあります。

またデモを貸し出してくれる商品もあり、実際に商品を使用して試すことができます。
セールもあり、お得な値段での購入もできます。

体に合った介護椅子で快適に暮らそう

介護椅子の種類と特徴について、また具体的な使い方について解説しました。

食事や入浴など、それぞれの場面に適した椅子があります。
使用する高齢者のレベルや体に適切な椅子を選ぶことで、筋力低下などを防ぐことができます。

介護椅子は、ニトリや通販サイト、スクリオなどで手軽に購入できます。
不明点は、担当者に気軽に相談もできます。
利用者に合った介護椅子を見つけ、快適な生活をサポートしましょう。

介護用の椅子、選び方は?種類と特徴、便利な使い方について

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

サイト内を検索する