【老人ホーム・介護施設の種類と特徴】後悔しない選び方とは

「両親に合った老人ホーム・介護施設はどこだろう?」
こう思っていざ調べてみても、
「情報量が多くて、あんまし分からない…」
このような状況になり、結局どこを選べばいいのか分からなくなっていませんか?

老人ホーム・介護施設は入居者の方にとって「第2の人生の場」といっても過言ではありません。
大切な方のためにも、後悔しない老人ホーム・介護施設を選択しましょう。

今回は施設ごとの特徴を解説したあと、「実際にどのように施設選びをするべきなのか」という部分に触れていきます。

老人ホーム・介護施設の一覧(対象者・費用)

まずは、それぞれの施設の対象者や費用についてみていきましょう。

【民間施設】

入居対象者 月額利用料の相場 入居一時金
介護付有料老人ホーム 自立~要介護5 約10万
~30万円
0円~1億円以上などと、施設による差が大きい
住宅型有料老人ホーム 自立~要介護5 約10万
~30万円
0円~1000万円を超えるところまでさまざま。
健康型有料老人ホーム 自立のみ 約8万
~40万円
数千万円にのぼることもある。
サービス付き高齢者向け住宅 自立~
要介護(軽度)
約13万
~25万円
食費は別
敷金のみ
0~数百万
グループホーム 要支援2~
要介護5
約8万
~30万円
0~数百万円

【公的施設】

入居対象者 月額利用料の相場 入居一時金
軽費老人ホーム(A型) 自立~軽度 6~17万円 0~30万円
軽費老人ホーム(B型) 自立~軽度 3~4万円 0~30万円
軽費老人ホーム(ケアハウス) (一般型)
自立~軽度の
要介護者
(介護型)
要介護1以上
約10~20万円 数十万くらいだが「介護型」の場合は100万円を超えることもある。
特別養護老人ホーム(特養) 原則としては
要介護3以上
8万円~
15万円ほど
基本的になし
介護老人保健施設(老健) 要介護1~
要介護5
8万円~
15万円
基本的になし
介護療養型医療施設(療養病床) 要介護1~
要介護5
10万円~
20万円
基本的になし

民間施設と公的施設にはどんな違いがあるの?

民間施設の特徴

民間企業や医療法人による運営であるため、幅広い選択肢の中からサービスを選べるメリットがあります。

公的施設に比べて料金は高めですが、待機期間が短い施設が多いため、公的施設の順番待ちの期間のみ利用する方もいらっしゃいます。

公的施設の特徴

国や自治体、社会福祉法人などが運営しており、民間と比較して費用が安く済む点が最大の魅力です。

そのため入居希望者が多く、待機期間が長い傾向があります。

自立・要支援・要介護の違いってなに?

そもそも「自立」「要支援」「要介護」って、どう違うのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
わかりやすく説明しましょう。

「自立」はこんな人

介護を必要としない状態の方です。

「要支援」はこんな人

生活機能の低下はみられますが、改善が可能なレベルの方です。
現時点で介護の必要はありませんが、部分的な見守りや手助けは必要となります。

「要介護」はこんな人

生活機能が低下し、日常生活において介護が必要な状態の方です。

「要支援」は1~2「要介護」は1~5にレベル分けされており、数字が大きくなるほど、自立度が低く手厚い介護が必要になります。

これらのレベルは調査員による聞き取り調査などによって認定されます。

有料老人ホーム

有料老人ホームには「介護付」「住宅型」「健康型」の3つの種類があります。

介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームの特徴

国から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けており、質の高いサービスや充実した医療体制が望めます。
「要介護者」のみが利用できる「介護専用型」と、自立や要支援の方も利用できる「混合型」の2つのタイプがあります。

2012年に「看取り加算」が追加され、看取り介護に前向きな施設が増えたので、長期的な利用が可能になりました。

施設の数が多いので選択肢が広い点もメリットの一つでしょう。

介護付有料老人ホームを選ぶ際の注意点

施設ごとの料金の差が大きく、サービス内容にも差があります。

本人が希望しても、通所介護(デイサービス)などの外部の介護サービスの利用はできません。

介護度が低い人にとっては、制限が多いと感じられることもあります。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームの特徴

要介護の受け入れも行ってはいますが、基本的には介護付有料老人ホームよりも、健康で自立度の高い方の受け入れを想定した施設です。
そのため、レクリエーションやイベントなどが充実している傾向があります。

原則、施設のスタッフが介護サービスを提供することはありません。

介護が必要になった場合には外部サービスを利用しますので、自身に合ったサービスを自由に選択できるメリットがあります。

住宅型有料老人ホームを選ぶ際の注意点

介護や医療処置が必要になれば、施設内でのサポート難しくなり、退去せねばならないことがあります。

住み続けられたとしても、利用した介護サービスごとに別料金が発生しますので、経済的な負担が大きくなる可能性があります。

将来のことを視野に入れて検討する必要があるでしょう。

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームの特徴

自立状態の高齢者を対象としており、食事や掃除、洗濯などのサービスが提供されます。

温泉やスポーツジムがあったり、サークル活動やイベントがあったりなど、高齢者が自分らしく生き生きと暮らすためのサポートが充実しています。

家事などの雑務から解放されて、老後の生活をエンジョイしたい方におススメの施設です。

健康型有料老人ホームを選ぶ際の注意点

介護は原則提供されないため、介護を要するようになれば退去しなければなりません。

また、認知症を発症した方の受け入れもできません

元気な高齢者が多いため、施設内のさまざまな人間関係に疲れてしまう方もいらっしゃるようです。

サービス付き高齢者向け住宅

「サービス付き高齢者向け住宅」は自立度が特に高い方向けの施設です。

特徴や選ぶ際の注意点を説明しましょう。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

介護は必要ないが1人で暮らすのは不安だという高齢者のための施設です。

安否確認や生活相談のサービスが提供されます。

介護サービスは提供されませんが、必要になれば外部業者に依頼して利用することは可能です。

自宅と変わらない自由な生活ができる上、「高齢者住まい法」の適用により、突然退去させられるなどの心配がない点も魅力です。

サービス付き高齢者向け住宅を選ぶ際の注意点

医療面のサポートは重視されておらず、要介護度が高くなると退去しなければならないケースがあります。

また、日中の見守り体制は充実していますが、夜間の見守り体制は不十分な施設もあるようです。

グループホーム

認知症の方に自分らしく過ごしていただける施設として人気なのが「グループホーム」です。
どのような施設なのか、概要を説明しましょう。

グループホームの特徴

認知症高齢者向けの施設です。

9人を1ユニットとする少人数で、介護サービスを受けながら残された能力を活かし、家事を分担したり、レクリエーションを楽しんだりします。

穏やかで安定した生活を送ることで、認知症の改善や進行状況の緩和を目指すことができます。

施設と同じ住民票を持っている人が入居対象となるため、慣れ親しんだ土地で暮らせるメリットもあります。

グループホームを選ぶ際の注意点

医療に関する処置などが増えると退去しなければならない可能性があります。
施設数が少なく、長期入所が可能ですので、入所自体が困難な場合があります。

少人数制度ですので、利用者同士の相性が悪くても対処しにくい一面があるかもしれません。

軽費老人ホーム

軽費老人ホームは、低額な料金で高齢者の入居が可能な施設です。

以下の3種類に分かれています。

軽費老人ホーム(A型)の特徴

入居するためには、60歳以上(夫婦はどちらか一方)で、自分で身の回りの世話ができ、月収34万円以下などの条件に該当する必要があります。

見守りと食事の提供サービスがあります。

軽費老人ホーム(A型)を選ぶ際の注意点

居室面積が狭い施設が多く、基本的に要介護状態には対応できません。

2008年より、A型とB型の新設が無くなりC型(ケアハウス)に統一されたため、数が少なくなっており、入居が難しいケースもあります。

軽費老人ホーム(B型)の特徴

A型と同じ条件に加え、自炊できる程度の健康状態であることが条件です。

サービス提供は見守りのみです。

軽費老人ホーム(B型)を選ぶ際の注意点

居室面積が狭い施設が多く、基本的に要介護状態には対応できません

2008年より、A型とB型の新設が無くなりC型(ケアハウス)に統一されたため、数が少なくなっており、入居が難しいケースもあります。

ケアハウスの特徴

軽費老人ホームの1つですが、入居条件に所得の制限などは無く、入居金家賃も必要です。
しかし、比較的料金は安く設定されています。

「一般型」「介護型」の2種類があり、「一般型」は身寄りのない方への生活支援が目的で、介護が必要になれば外部にサービスを依頼します。

「介護型」は介護サービスが提供されるため、要介護1以上の方が対象となります。

ケアハウスを選ぶ際の注意点

「自立型」の場合、介護レベルが上がると退所を求められるケースが多いようです。

「介護型」は、長期入所や看取りが可能なため人気が高く、入所が困難であるとされています。

特別養護老人ホーム(特養)

公共の施設の代表的なものが「特別養護老人ホーム」です。

「特養」と略して呼ばれることが多いですね。
特徴や注意点などをみてみましょう。

特別養護老人ホームの特徴

入所基準は「要介護3以上」ですが、特別な事情があれば、要介護1~2の方でも入所可能です。

介護サービスが充実しており、認知症の方も積極的に受け入れています。

費用が安く長期入所が可能ですので終の棲家として、ここを選ぶ方も少なくありません。

特別養護老人ホームを選ぶ際の注意点

人気があるため、入所するのが難しいと言われていましたが、入所基準の改定により要介護度の高い方が優先されるようになりました。
ただし、高度な医療が必要な場合は入所できないこともあります。

多床室の施設が多く、プライバシーが保ちにくいなどの問題も指摘されていましたが、最近ではユニット型個室に切り替える施設も増えているようです。

介護老人保健施設(老健)

「介護老人保健施設」も代表的な公共施設です。

こちらも略して「老健」などと呼ばれることが多いようです。

介護老人保健施設(老健)の特徴

病院を退院した後、在宅や他の施設への復帰を目指すために入所する中間的な位置づけの介護施設です。

そのため、利用期間3ヶ月程度と短いのが特徴です。

手厚い医療ケアやリハビリを受けられる上、月額費用が安いことは大きな魅力です。
特養ほどの厳しい入所基準はなく「要介護1」の方から利用可能です。

介護老人保健施設(老健)を選ぶ際の注意点

利用期間が短いので、入所した時点で次の入所施設を決めておかなければなりません。

また、レクリエーションやイベントなどは充実していない傾向があります。

入所中は薬代を施設側が負担することになるため、使用する薬剤が制限される点にも注意が必要でしょう。

介護療養型医療施設(療養病床)

「介護療養型医療施設」は制度の改正により変貌を遂げています。
どのような施設なのか、詳しくみてみましょう。

介護療養型医療施設(療養病床)の特徴

手厚いリハビリや医療ケアを受けられる点が最大のメリットです。

医療的な処置が常時必要な方や、寝たきりの方にとっては、安心して過ごせる施設だと言えるでしょう。

料金も比較的安いので、経済的負担も少なくて済みます。

介護療養型医療施設(療養病床)を選ぶ際の注意点

医学的管理が目的であるため、症状が回復すれば退去を求められる場合があります。

相部屋になる可能性が高く、生活援助サービスが手薄になる傾向がある点も、「生活」を重視する方にとっては好ましくないかもしれません。

2018年度介護報酬改定において厚生労働省は、「介護療養型医療施設」を廃止し、「介護医療院」を新設することを決定しました。

老人ホーム・介護施設の選び方は?

ここまでの内容をもとに老人ホームや介護施設を選ぶ方法をまとめてみました。
ぜひ、参考にしてみて下さい。

入居の条件はしっかり確認する

せっかく良い施設を探し当てても、入居の条件に該当しなければ入居することができず、これまでの苦労が水の泡になってしまいます。
まずはじめに、きちんと確認しておきましょう。

入居条件には以下のようなものがあります。

  • 年齢
  • 要介護度
  • 医療処置などがどのくらい必要か
  • 保証人や身元引受人の存在
  • 収入などの経済面
  • 認知症の受け入れの可否
  • 看取りの可否

施設の運営基準は守られているか

施設を運営するためには様々な基準が定められており、それを満たしておく必要があります。

これらの運営基準が納得できる内容であり、きちんと説明されているか、適切に実行されているかなどは、施設を選ぶうえでの重要なポイントになります。

特に施設の人員配置などは、介護サービスに直結する基準でもあります。

入居を検討する際にはしっかりと確認しておきましょう。

施設内の雰囲気

施設は、利用者の方にとって今後の生活基点であり、スタッフや他の利用者の方々と家族に近い関係を育んでいく場所にもなります。

施設内の雰囲気はとても大切です。

見学時に、施設内の清潔さ、職員や利用者の表情などをチェックしてみましょう。

また、イベントの頻度内容の充実度などは、良い施設の目安となりますので、確認しておくと良いでしょう。

職員のスキルレベル

医療に関する知識が深く介護技術が高いスタッフがいれば、充実したサービスが受けられますし、家族も安心して任せることができます。

実際に見学するなら、食事介助を行う昼食時間などに訪問すれば、全体像を把握しやすいかもしれません。

スキルが高いスタッフは、効率よく仕事をこなせますので、表情や対応に余裕があります。

利用者に対する尊敬の念があり、礼儀正しいかなども大きなポイントになるでしょう。

介護サービス情報の公表制度

厚生労働省では、利用者のみなさんが介護サービスを適切に選べるように、介護サービス情報の公表制度を設けています。

施設の質や費用の他、「消費者の意見を把握する取り組み」「第三者評価の実施」などについても言及しています。

気になる施設があれば、一度検索してみるとよいかもしれません。

参考:介護サービス情報公表システム

介護施設の選択には利用者への思いやりと行動力が必要不可欠!

介護施設の選択という重大な決断、しかも早急な対処が必要であることに、頭を抱えている方も多いかもしれません。

施設選びに大事なのは、実際に施設を利用される方への思いやりと、選択する際の行動力です。

情報収集は大事ですが、それぞれの施設によって臨機応変に対応してもらえるケースもありますので情報だけがすべてではありません。

施設内の雰囲気やスキルには大きな差があるため、実際に見学をして確かめるのが最善策です。

利用者の方にとっては、今後の人生を左右する重要事項。

ぜひ十分な検討を重ねて選んでください。

【老人ホーム・介護施設の種類と特徴】後悔しない選び方とは

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

サイト内を検索する