資格なしでもできる介護の仕事って?介護系転職に有利な資格も教えて!

介護職で働いてみたいんですが、資格がなくても大丈夫ですか?

ユマケア編集部

大丈夫ですよ!
介護職は無資格でも始められます。

そうなんですね!
じゃあ資格は取らなくてもいいかな~

ユマケア編集部

なくても大丈夫ですが、持っているとメリットがありますよ!
詳しくお話しましょうか?

お願いします!

介護職は無資格でもスタートできます。

資格を取るには勉強や時間、お金が必要なので、面倒だと思う人もいるかもしれません。

しかし介護系資格を持っているかどうかで、仕事内容求人数給与に違いがあります。

介護職に転職したいけれど迷っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

資格がなくても介護の仕事はできる?

介護系の資格を持っていなくても、介護の仕事は始められます。

介護助手や、介護補助といわれる人たちが、現場の介護職員のサポートをします。

介護事務の仕事も、資格がなくても大丈夫です。

◆前職の勤務先

介護労働安定センターの調査で、「直前の仕事が介護系ではない人」は約60%でした。

介護業界は他業界からの転職者が多くいます。

未経験からスタートする人が沢山いるようです。

参考:介護労働安定センター P25 前職の有無、前職の勤務先の業種と仕事内容

しかし、介護労働安定センターの他の調査を見てみると、現職の介護職従事者の多くはなんらかの資格を持っていることがわかりました。

◆現介護職従事者の保有資格(%)

参考:公益財団法人介護労働安定センター平成29年度「介護労働実態調査」の結果(介護労働安定センター労働者の個別状況(個別調査結果)保有資格複数回答可)

最も多い介護福祉士は約40%、次に初任者研修が続きます。

初任者研修は介護職初心者にも挑戦しやすい、介護の基礎に関する資格です。

介護職に資格保有者が多いのは、資格を持っているとメリットがあるからです。

ここからは、資格の有無でどんな違いがあるのか説明します。

介護資格あり、なしの違い3つ

介護系資格を持っている人と、持っていない人には大きく3つの違いがあります。

  1. 仕事内容の違い
  2. 求人数の違い
  3. 給与の違い

ひとつずつ説明します。

1.仕事内容の違い

仕事内容の違いは、医療ケアが行えるかどうかです。
資格を持っていない介護職は、医療ケアはできません。

実務者研修という研修を修了すると、たん吸引や、経管栄養なども行えるようになります。

身体介護は、資格を持っていなくても任せられる施設が多いようです。

職場研修が少ない施設もあるので、未経験で不安な人は面接時に確認しておくことをオススメします。

>>実務者研修は無資格からも目指せる資格

2.求人数の違い

2つの求人サイトで、「介護職・ヘルパー」の「無資格OK」と「初任者研修取得者」の求人数を比較してみました。

◆介護職の「無資格OK」 と「初任者研修取得者」の求人数比較

どちらも初任者研修取得者の求人数が2倍以上でした。

雇用条件や、採用確率で考えても、初任者研修は持っていて損はなさそうです。
>>今すぐはじめての介護系資格を知りたい方はこちら

求人サイトは沢山あるので、仕事選びは慎重に行いましょう。
通いやすさも大切ですが、どんな仕事をどんな施設で行うかの確認は忘れないでくださいね。

介護施設スタッフ同士の関わりも多いです。
働く人の雰囲気や年齢層などを、判断材料にしてもいいかもしれません。

3.給与の違い

資格のある、なしで給与面にも違いがあります。

下の表は、介護労働安定センターの「保有資格別の平均給与額」調査結果です。

介護職員の保有資格別の平均給与額
介護福祉士 310,620円
実務者研修 289,700円
初任者研修 281,550円
保有資格なし 260,560円

介護の基礎である初任者研修を持っていると、約2万円の給与アップを狙えます。

平均勤続年数の調査結果では、初任者研修が6.4年に対して、資格なしは4.4年でした。

資格を持っていると、自信がつき、仕事が楽しくなりそうです。
試験のために勉強するので、知識も身につきます。

結果的に働きやすくなり、長く働くようになるのかもしれません。

参考:厚生労働省平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要P17介護職員の平均給与額の状況(月給・常勤のもの、保有資格別)

「無資格で介護職開始はどう思う?」介護職で働く人の声

Yahoo!知恵袋で、「無資格で介護職を始めること」に関する意見を調べてみました。

  • 無資格で介護職で働いている人は沢山いる
  • 長く働いているうちに興味を持ち、資格取得を目指す人も多い
  • 無資格OKで採用後、働きながら資格を取るよう求める事業所もある
  • 初めての介護職で不安な人はデイサービスから始めてみて、自分に合うか考えてみるといい

自分も無資格で介護職をスタートした、または職場にいるという意見も多くありました。

無資格で採用後、事業所の支援で資格取得をすることもできるようです。
サポート体制が整っている施設かどうかを、事前に調べて職場を選びましょう。

転職が不安な人も多いかもしれません。
介護職未経験ならまずはデイサービスで働いてみるのがオススメです。

デイサービスは夜勤がありません。
決められた時間の中で仕事をするので、介護職初心者も比較的働きやすいという声が多くありました。

ここまで

  • 資格がなくても介護の仕事は始められること
  • 資格があると求人数や給与面で有利に働くこと

をお話しました。

ここからは、初めて介護系資格の取得を目指す人にオススメの資格を紹介します。

はじめての介護系資格は初任者研修がおすすめ


はじめての介護系資格なら、初任者研修がオススメです。

初任者研修は介護の基礎を学べる資格で、取得難易度も低めです。
持っていると職場選びの選択肢も広がりますよ。
事前に知識を身につけておくことで、未経験からのスタートでも不安が和らぎそうです。

介護のキャリアは1本化されているので、段階を踏んでステップアップしていきましょう。

初任者研修を取得後は「実務者研修」を終了し、実務経験が3年以上になったら介護福祉士の資格試験を受けるのがオススメです。

ゆくゆくは介護福祉士として働きたい人も、まずは「介護職員初任者研修」の資格を取りましょう。

無資格で働き始めて、介護の仕事が自分に合っていたら資格を取り、さらに勉強していくという選択肢もあります。

まとめ

介護職は介護系資格を持っていなくて始められます。

ただ、無資格と有資格で以下の3つの項目に差があります。

  1. 仕事内容
  2. 求人数
  3. 給与

資格があると、自信にもつながります。
不安な人は、資格の勉強をして知識をつけておくと、安心して介護職デビューできそうです。

求人数も多くなるので、職場選びの幅が広がります。

初めての介護系資格は介護職員初任者研修がオススメです。
比較的取りやすく、持っていると待遇がアップすることもあります。

今すぐ介護職に就きたい人は、働きながら勉強することもできます。

資格手当がある事業所もあるので、働き始めてから取得を目指すのもいいかもしれません。

資格なしでもできる介護の仕事って?介護系転職に有利な資格も教えて!

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

サイト内を検索する