介護用おむつの正しい使い方とは?交換のコツや選び方

介護用おむつを正しく使えていないと、漏れる原因にもなりますし、被介護者の方も不快な気分で過ごすことになります。

そこでこの記事では、介護用おむつの選び方正しい当て方交換方法のコツなどを説明します。

また、おむつ代の負担を軽くする医療費控除についても紹介します。

介護用おむつの種類と選び方


介護用おむつ(アウター)は大きく分けて、

  • パンツタイプ
  • テープ止めタイプ

この2つのタイプがあります。

おむつだけでも使用可能ですが、尿漏れが心配な場合は尿取りパッド(インナー)を併用すると安心です。

介護用おむつを使用する上で重要なことは、「被介護者に合ったおむつを選ぶ」ことです。
ここでは適切なおむつを選ぶため、タイプ別の特徴を知りましょう。

1.パンツタイプ

パンツタイプのおむつは、一般的に座ったり立ったりできる被介護者が使用します。

「トイレはできているけど、ふと尿漏れしてしまう」
「尿意はあるけどトイレに間に合わない」

という方におすすめです。

下着と同じ形で、交換には脚の出し入れが必要です。

このタイプは自力でトイレする環境に近づけるので、自立心にも繋がります。

購入の際は被介護者のウェストを測り、適切なサイズを選びましょう。

サイズを間違えると排泄物の漏れや腹部の圧迫に繋がるので注意してください。

2.テープ止めタイプ

テープ止めタイプのおむつは、一般的に寝て過ごすことが多い全面的に介護が必要な被介護者が使用します。

「自分でトイレに行けない」
「尿意や便意がないまま漏れてしまっている」

という方におすすめです。

前開きになっており、脚の出し入れが不要です。

そのためおむつ交換が簡単、介護者と被介護者のストレス軽減にも繋がります。

サイズはヒップのサイズと合わせましょう。

パンツタイプと違い、少々サイズが違っていても融通が利きます。

尿取りパッド(インナー)

尿取りパッドはおむつの内側に敷き、言わば補助として使用します。

「おむつだけでも良いのに、どうして尿取りパッドが必要なの?」と疑問に思うかもしれません。

実は尿取りパッドを使うことで、

  • 尿取りパッドの交換だけだから楽
  • 尿漏れ防止が強まる
  • おむつの吸収量が少なくても大丈夫

というメリットが得られます。
体力的・精神的・経済的な負担を軽減することが可能なので非常にオススメです。

尿取りパッドの選び方

嬉しいことばかりの尿取りパッドですが、選び方・使い方を間違えると最悪の場合、漏れやすくなる原因にも。

しっかりとポイントを抑えて選びましょう。

  • おむつのタイプ
  • 被介護者の排泄量
  • 使う時間帯や活動の有無

主にこの3つがポイントです。

例えば、パンツタイプのおむつを使用している被介護者で、排泄量が多く日中に使用する場合、動きやすい形状であり、吸収量の多い「パンツタイプ用・昼長時間用」が最適です。

男性専用・女性専用、軟便に対応したものなど、尿取りパッドの種類は豊富です。

その中で、被介護者の状況に最も合っている尿取りパッドを選びましょう。

介護用おむつの正しい当て方とコツ

最適なおむつ・尿取りパッドを使用しても、正しい当て方をしないと漏れてしまいます。

ここでは介護用おむつのタイプ別に正しい当て方とコツを紹介します。

「脚の付け根から漏れてくる」
「いつの間にかズレてくる」

日頃、このように感じている方はぜひ参考にしてください。

最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れれば簡単におむつを着けられるようになります。

1.パンツタイプの当て方とコツ

ここではパンツタイプの当て方の流れを表にしました。
一つ一つの動作を確認し、イメージを掴みましょう。

パンツタイプの当て方は、一般的な下着の履き方と同じです。

コツは「ウェストまで上げる」こと。

これを怠ると、おむつが下にズレてきて漏れるなどの事態が起こるかもしれません。

被介護者の転倒は大きな事故に繋がることもあります。

座る際や立つ際には、転倒しないよう注意しましょう。

STEP1 被介護者にベッドやポータブルトイレなど安定した場所で、深く腰掛けてもらう。
STEP2 おむつの前後を確認する。
STEP3 片足ずつおむつに通す。
(麻痺がある被介護者の場合は、麻痺のある足を先に通す)

STEP4 おむつ内部にあるギャザーを立て、その内側に尿取りパッドを敷く。
(ギャザーとは尿漏れ防止のビラビラのこと)
STEP5 被介護者が立てる場合はベッドや手すりに掴まり立ってもらい、おむつをウェストまで引き上げる。

立てない場合は、お尻を左右交互に上げておむつをウェストまで持ってい
く。

STEP6 後ろ側もウェストまで引き上げられているか確認する。

2.テープ止めタイプの当て方とコツ

次にテープ止めタイプの当て方を紹介します。

最初はパンツタイプに比べ時間が掛かるかもしれませんが、慣れればスムーズに当てられます。

コツは「ギャザーを太ももの付け根(そけい部)に沿わせる」「テープを正しい向きで止める」ことです。

この2つが上手くできていないと、体とおむつの間に隙間ができます。

漏れやズレにも繋がるので、気をつけましょう。

STEP1 被介護者にベッドで、仰向けに寝てもらう。
STEP2 おむつのお腹部分となる両端を持ち、2.3回伸ばす。
(引っ張ることでギャザーを立てられます)

ギャザー内側に尿取りパッドを敷く。

STEP3 被介護者に腕組みしてもらい、体を横向きにする。
(胸の前でクロスすることによって、体位変換しやすくなります)
STEP4 おむつを被介護者の体の下に差し込む。
STEP5 被介護者に仰向けになってもらう。
STEP6 先ほど、おむつを差し込んだ方と反対側の腰辺りから、おむつを引き出す。
被介護者の真下におむつがくるように調整。
STEP7 両足の間から、まずは尿取りパッドを引き上げる。
このときパッドを山折にし、股にピッタリと当てるようにする。

また、ギャザーを太ももの付け根に沿わせるよう心掛けてください。

STEP8 尿取りパッドのシワを左右に伸ばし、お腹と密着させる。
STEP9 尿取りパッドを押さえたまま、おむつを引き上げる。
引き上げ方は尿取りパッドと同じ。
STEP10 おむつのギャザーの内側に、尿取りパッドを入れる。
(ここでギャザーからはみ出ていると、ギャザーの効果が得られません)
STEP11 テープを「下の左右→上の左右」の順番で止める。

このとき、

  • 下のテープは斜め上
  • 上のテープは斜め下

に向けて止めましょう。

STEP12 おむつのギャザーから尿取りパッドがはみ出ていないか確認する。
STEP13 最後におむつが体の中心になっているか確認する。

介護用おむつの交換方法

当て方に続き、交換方法の流れを掴みましょう。

ここではおむつ交換の事前準備から陰部の洗浄・排泄物の処理まで細かく説明します。

「初めての交換で不安……」
「上手におむつ交換できなくて困っている」

という方も安心してください。

パンツタイプとテープ止めタイプ、それぞれのポイント、さらに座った姿勢や寝た姿勢など、状況に応じた交換方法を紹介します。

【事前準備1】用意するもの

おむつ交換の際は上記にある必要なものを準備し、必ず手に届く範囲に置いておきましょう。
交換を始めてから必要なものに気付くと、

「ゴミ袋を忘れて汚物を捨てられない」
「ティッシュがなくて汚れた部位を拭けない」

など、おむつの交換がスムーズに進まないこともあります。

さらに、被介護者のストレスや思わぬトラブルにも繋がります。

【事前準備2】汚れ防止にシーツや新聞紙を用意する

おむつ交換はベッドなどの生活空間で行うことが多いため、汚物が付かないよう注意が必要です。

汚れ防止のため、ケアシート新聞紙を敷きましょう。

時には、

  • おむつから便がこぼれる
  • 交換の最中に排泄してしまった

などの事態が起こることもあります。

パンツタイプの交換方法(座った姿勢)

パンツタイプのおむつ交換を説明します。

先ほど紹介した事前準備のほかに、「低めの台」を用意してください。

座った姿勢のおむつ交換は、「被介護者の体を前傾姿勢にさせる」ことで簡単にできます。

最初はぎこちない動きになりますが、被介護者への声掛けも忘れないようにしましょう。

STEP1 被介護者にポータブルトイレに深く腰掛けてもう。
STEP2 介護者は膝をつき、前から被介護者の腰と背中に手を当てます。

このとき、被介護者の体を前傾させるようにしましょう。
(被介護者の顔が介護者の肩に乗り、被介護者のお尻が浮くぐらい)

STEP3 被介護者の体を少し横に傾ける。
(傾ける前に声掛けすると、被介護者も安心します)

  • 右に傾けると左尻が浮く
  • 左に傾けると右尻が浮く
STEP4 浮いた側のおむつを引き下げる。
STEP5 反対側も同様に行う。
STEP6 STEP4.5を繰り返し行う。
(この動作を何回か行うことで、おむつを脱がせられます)
STEP7 おむつを膝まで持ってこられたら、大便の有無などを確認する。

おむつが汚れていなければ尿取りパッドの交換のみでも良い。
尿取りパッドはギャザーの内側に敷きましょう。

STEP8 おむつから足を片方ずつ抜く。
(麻痺がある場合は、麻痺のある方から抜きます)
STEP9 おむつを新聞紙に包み、ゴミ袋に入れる。
STEP10 低めの台に、被介護者の足を片方乗せる。
STEP11 足が上がり乗せた方のお尻が浮くので、その隙間から洗浄する。

陰部洗浄用ボトルで汚れたところを濡らし、ティッシュペーパーで拭きます。
このとき、排尿口からお尻に向けて拭きましょう。
お尻から排尿口に向かって拭くと、汚物が尿道に入り感染を起こす場合があります。

STEP12 反対側も同様に行う。
STEP13 洗浄が完了したら、保湿クリームを塗る。
STEP14 新しいおむつを「パンツタイプの当て方とコツ」と同様に履かせる。

排泄物が漏れる場合の見直しポイント

丁寧に交換していても、最初はコツが掴めず排泄物が漏れてしまうことが多いです。
一度おむつ選びから当て方までの見直しをしてみましょう。

特に見落としがちなポイントは、

  • 体型に合ったものか
  • 排尿量と合っているか
  • 尿取りパッドを重ねて使ってないか
  • ギャザーがフィットしているか
  • 軟便が多くないか

この5つです。

被介護者の排尿量・便の調子は、体調や季節によって変わります。

その都度、状況に合ったおむつ・尿取りパッドを使いましょう。

ニオイ対策としてオムツ用ゴミ箱を使用する

ここでは、「おむつの捨て方」「臭い対策」を紹介します。

実は介護用おむつの捨て方や臭いに悩む方はとても多いです。

しかしおむつの処理次第で、そんな環境を一変させることが可能。

「おむつって家庭ごみで捨てていいの?」
「ゴミ袋から嫌な臭いが……」

こんな悩みを持つ方は参考にしてください。

快適な環境で、臭いに悩まされることなく介護に専念しましょう。

おむつの捨て方

一般的に介護用おむつは、可燃ごみとして捨てることができます。

ただし地域によって異なる場合があるので、念のため自治体に確認を取りましょう。

臭いを抑えるコツは「おむつの丸め方」です。

順を追って説明するので、ぜひ今日から試してみてください。

臭い対策

先ほど紹介した捨て方でも臭いが気になる方や不安な方には、臭い対策された「ゴミ箱」をオススメします。

蓋にパッキンや消臭カートリッジが備え付けられているもので、防臭効果が抜群。

中にゴミ袋を取り付ければ、ゴミ箱からおむつを移す作業も必要ありません。

さらに防臭効果の高いポリ袋を使用するなど、工夫次第で臭いの悩みは解決されます。

小まめにゴミ出しをするとより衛生的に保てるでしょう。

介護用オムツは医療費控除の対象です

介護用おむつも基準を満たせば医療費控除の対象です。

還付によって、少しでも家計の足しにしたいですよね。

しかし、

「そもそも医療費控除ってなに?」
「何が必要で、何をすればいいの?」
「確定申告って難しそう」

という方も多いです。

ここでは介護用おむつの医療費控除について説明します。

医療費控除を受けるために必要なこと

そもそも医療費控除とは、年間に支払った医療費が10万円以上である場合に受けられる「税金の還付」です。

介護用おむつで医療費控除を受けるためには、

  • 医師による「おむつ使用証明書」が発行されていること
  • 医療費控除の明細書を作成すること(おむつ代の領収書が必要)
  • 確定申告を行うこと

この3点が必要です。

医療費控除の流れをまとめたので、ざっくりとイメージを掴みましょう。

介護用品として介護保険の対象になるの?

おむつは介護保険の対象になっており、各市町村が助成制度を設けています。

その中でもほとんどの地域が「現物支給」を採用。

例えば東京都文京区では、

  • 指定業者が対象者の自宅・入院している病院・入所している施設などへ直接配達
  • 配達は毎月10日から15日

となっています。

支給の対象は、おむつ尿取りパッドなど。

指定業者から対象者の元に直接配達されるので非常に便利です。

まれに「現金給付」を行っている市町村もあるので、住んでいる地域の自治体に確認をしましょう。

介護用おむつの正しい使い方を知り、被介護者に快適に過ごしてもらいましょう

一口に介護用おむつと言ってもその種類はさまざま。

しかしポイントやコツさえ抑えていれば、誰でもおむつ選び・交換ができます。

どうしても上手くいかず、苦しくなることもあるでしょう。

そんなときは落ち着いて、おむつや交換方法などを見直しましょう。

それぞれを正しく選び、使用することで介護環境は変わります。

快適な介護ライフを過ごしましょう。

介護用おむつの正しい使い方とは?交換のコツや選び方

この記事が気に入ったら 

編集部注目記事

サイト内を検索する